ショートスキーが役に立った経験

スキ― ショートスキー

小学生の時にアキレス腱を負傷してしまい、それ以来大きな運動とかをしてこなかった私。社会人になって配属された部署の同僚たちに人生初のスノースポーツに誘われました。

しかし、スキーはやったことないし、そんな人間だからもちろんスノボもない訳で。どうしようかと思っていた矢先に、のちの彼氏となった同僚に「ショートスキー」を借りることになりました。

今でこそ結構ショートスキー人口も増えていますが、当時は少なかったんですよね。で、やってみたのですが・・・これが思ってた以上に簡単でした。

スキーの基本、転んだ状態から立ち上がる、という部分がネックなのですが普通に走ったり歩いたりできる筋力さえあればバランス感覚を覚えるだけで立てます。そして、実際に滑るときはといえば。

ショートスキーはスノボのようにストックなしで滑るのでパラレルさえ覚えてしまえばあとは割とすいすい進めます。

ただし、止まる時にスキーと同じようにエッジを効かせて止まろうとするのはいいのですが勢いが良すぎた場合・・・回転します。

ショートスキーはもともとジャンプ台を利用して回転したり、ゲレンデの中を軽やかにターンしたりと、滑ることよりも魅せる事に特化しているので勢いが良すぎると止まるどころか意図せずその場でターンした挙句転んでしまう…ということもありますが。

そんなこんなでショートスキーで滑る感覚を覚えてから本格的にスキーをしてみましたが、ショートスキーでの経験が生きて苦労せずに普通に滑ることができました。でも結局私はそのあともショートスキーばかりになっていました。

理由はもちろん滑りやすいのもありますが、何よりも装備を持ち運ぶときに楽なんですよね。実質スキー板よりスノボよりも軽いので、車に積んどいて気が向いたときに行けるのも魅力でした。

今はショートスキーでショップサイトを検索するだけでもものすごくたくさんの種類が出ています。私は一番使いやすかったのと昔から愛用しているので今もSALOMON製のを使っていますが、ROSSIGNOLやAIR WALK 等にも使いやすそうなのが見受けられるので、気になる人はお試しいただくといいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです