スキ―上達のコツはイメージトレーニング!

スキー ゲレンデ

私は高校生の時にスノーボードを始めました。信州に生まれ育ち、スノーボードデビューは当たり前のような感じでした。

ただ、バイトはしていたものの、お金もなく、親も仕事で忙しかったのでスキー場には連れ行ってもらった記憶がありませんでしたが、長野県大町市のヤナバスノーパークは、駅の目の前にスキー場があり、高校生には人気のスキー場でした。

初心者には嬉しいゲレンデもあれば、アマチュアプロの方々が練習していたりと、刺激を受けることもしばしば。疲れれば、すぐに電車に乗り帰れて、便利です。

ボードやブーツもレンタルすれば、ウェアのみで良く、雪道の運転が苦手な方にもオススメです。

冬の白馬や大町市は、よく県外ナンバーの車が、動けなくなり、路肩に停めてチェーンをはめているほどです。

松本市からも長野市からもアクセスがいいのでオススメです。私は、最初は全く滑れずにいましたが、イメージトレーニングも大事だと思います。イメージトレーニングしてから行った直後に滑れるようになりました。

お尻などが痛くなっても根気よく続けていけば滑れるようになります。ただ、脳しんとうを起こしたりもするので、充分注意は必要です。危ないと思ったら、上手く転べるようにもしておくのもいいです。