日本国内スキー場の特徴

国内 スキー場

これまで国内、海外問わず、たくさんのスキー場で滑ってきました。国内で一番たくさん滑ってきたスキー場は、長野県にある八方スキー場、白馬47スキー場、五竜スキー場、さのさかスキー場の4つです。毎シーズン、身体を休める日以外の日はスキー場にいました。

八方スキー場は、とても広いスキー場で色んなコースを滑れるのが特徴です。急な斜面、緩やかな斜面、こぶのある斜面、色んなコースがあり、その人のレベルにあった滑走が出来ます。また、ゴンドラもあり、頂上までいくととてもキレイな白馬村の冬景色を見る事ができます。

白馬47スキー場と五竜スキー場はつながっていて、共通のリフト券を購入すれば、どちらのスキー場も滑走可能になっています。

47スキー場は大きなパークがあることで有名で、大きなジャンプ台やレールなど、特殊なアイテム満載です!

雪上でいつもと違うことをしたい!人にはオススメですが、レベルにあったジャンプ台を選ぶようにし、怪我のないように楽しめる場所になっています。(小さいジャンプ台から大きいものまでさまざまです)さのさかスキー場は、それほど大きくないですが、モーグルバーンがあることで知られていると思います。

初心者でもはいりやすい、モーグルコースが駐車場から見え、颯爽と滑る方がとても気持ちよさそうにみえます!家族連れや、初心者の方にはとても感じのいいスキー場になっていると思います。

スポンサードリンク