母にまでホワイトデーのプレゼントに感動!

高校生の頃付き合っていたカレ。当日は2人で散歩デートしてからお家デートでした。そしてカレからのお返しは普通にその辺のホワイトデー特集コーナーで売っている可愛いお菓子とお手紙でした。

そこまでは毎年同じだし可愛くて嬉しかったのですが、なんと私の母へのお返しも。母からチョコは渡してなかったのですが、気持ちだからと。

お花とワンちゃんをモチーフにした小さなプリザーブドフラワーでした。私へのお返しより少しだけ豪華じゃないか?とも思いましたが(笑)

私宛への手紙の内容もとっても私を思ってくれている内容だったしその日はデートでも楽しんだので満足でした。

母も大変喜んで彼のことをさらに気に入ってくれました。私の母のことまで想ってくれることに驚きと、感動でとても良い思い出になりました。それが過去で一番思い出に残り、嬉しくなったホワイトデーでした。

胸キュンキュン!忘れられない最高のホワイトデー

高校3年生の18歳のホワイトデー。同じ高校の同じ学年の彼氏との話です。

バレンタインには彼へマーブルチョコレートチーズケーキを手作りし、学校の屋上階段で手渡しました。その1ヵ月後。彼とデートをし、その際に「はい、ホワイトデーんのプレゼント」と紙袋を渡されました。

中を見ると香水が入っていました。私は香水等の匂いが苦手という話を彼にしましたが、どうして?と思いました。手紙が入っていて、読んでみると「苦手なものを少しずつ克服してほしい」という内容でした。

話を聞くと、香水店へ足を運び、店員さんに、香りがキツくないもの、香水が苦手な人でもつけやすいもの等相談し選んでくれたそうです。

その話を聞き、とても嬉しくなりました。さらに、紙袋にはもう1つ袋が。あけてみると、なんと手作りクッキーが!彼が夜中にこっそりキッチンでクッキーを作ったそうです。

初めて作ったそうですが、綺麗なモザイククッキーに感動しました。手作りで返されたことは初めてだったので、ドキドキ・キュンキュンでした。

忘れられないサプライズホワイトデーとなりました。その彼は、今の愛しの旦那さまです。

リラックマづくしで幸せなホワイトデー

今の主人とお付き合いしているときにもらったホワイトデーの思い出です。27歳のときのホワイトデーですが、当時私はリラックマのキャラクターが大好きでした。

ホワイトデーの日に実家の自宅に遊びにきた主人、インターホンがなったのででると、ダンボール1箱かかえていました。

足元にももうひと箱ダンボールが。何だろうとおもいましたが、その中にリラックマのグッズがギッシリ入っていて。それがホワイトデーにもらったプレゼントでした。

リラックマのクッション、ドーナツクッション、ダイエットスリッパ、写真立て、人形。手帳や切手のセットを入っていました。

そして、リラックマのキャンディ詰め合わせ。全てリラックマのグッズでリラックマづくし。

量とダンボールと。リラックマでいっぱいのお返しにびっくりしましたが、私がリラックマ大好きなので喜ばせようと思ってくれたことが、とても嬉しかったです。

プレゼント選びが上手な男性にきっと変身

ホワイトデーの思い出で、一番心に残っているのは幼稚園の時のことです。当時、一緒の幼稚園でいつも遊んでくれていた異性の友達2人にチョコレートをあげました。

お世話になっていて「ありがとう」の気持ちを込めて母と2人で不二家のハート型チョコレートを選びました。

すると、ホワイトデーにチョコレートの値段よりも倍以上すると思われるブローチが返ってきました。

すごくかわいくて立派なプレゼントにテンションが上がったものの、不二家のハート型チョコレートは100円以内で買える商品だったので正直驚きました。

卒園するまで仲良くしてくれた男の子だったのですが、小学校は別々になってしまって今は何をしているのかさえわからないほど……。

男性でプレゼント上手な人がいますが、その時の男の子もきっとそんな人に成長しているに違いありません!大人になった今でも思い出します。

運命の人との忘れられないバレンタインデー

私と夫がはじめて会ったのは、バレンタインデーでした。インターネットでのやり取りはあったものの、実際に会うことになったのはバレンタインデー前日。

そのため、私が夫へはじめて贈ったプレゼントはチョコレートです。そして、夫からはじめてもらったプレゼントはホワイトデーのプレゼントのカップでした。

理系の人だからなのか、カップは磁化杯。今でも取ってあります。銀色のタンブラーのようなもので水を入れておくと磁力でまろやかになるのだそう。

当時、白湯ダイエットをしていたので朝の1杯のお湯をこの磁化杯で飲んでいました。

今は結婚して子供も2人いるので、この時のプレゼントのありがたさもそこまで感じず棚の奥にひっそりとしまわれてしまっています。

バレンタインデー、ホワイトデーのプレゼント交換もなくなってしまいましたが、再開するのもいいかもしれないと感じます。

ゴミに捨てたホワイトデーのお返し

ホワイトデーでどうしようかと思ったのが、会社の人からもらったお返しで下着があったことです。

お世話になっていた人で定年間近な男性がいたのでバレンタインデーのチョコレートをあげたところ、お返しが赤いTバックでした。

ジョークギフトと呼ばれる一見するとハンカチのように包まれているホワイトデー用のプレゼントでした。

そのため、レースのハンカチと思いこんでいたのですが、家に帰ってからあけてみるとハンカチではなくて下着でした!

既婚者なので下心はなかったと思いますが、その次に会った時、男性からプレゼントの話題をされた時には笑うのが精いっぱいでした。

使い道はありませんし、はくのも躊躇します。そして、相手はジョークのつもりでプレゼントしていても女性としては抵抗があります。

家族に見られるのもイヤだったので、結局、燃えるゴミの日に捨ててしまいました。

初体験!本命のチョコの思い出

高校生3年の時に産まれて初めてバレンタインデーに本命にチョコを渡しました。その人には高校1年の時にうっかり告白してしまって振られてからずっと友達でした。

卒業後は進学と就職で会う事もなくなるし、ホワイトデーには卒業後だから会う事も無いので、最後にもう一度気持ちを伝えたくて渡しました。

返事は欲しい訳でも無かったのですが、なんと、ホワイトデーに急に会えるか、とメールが来ました。

バイトの合間でしたが初めて、仮病を使って帰りました。何を言われるか期待は全くしていなかったのですが、きちんとホワイトデーにお返しを準備してくれました。

それから二人で夜通し近くのファミレスで高校生活の話や今後の話、友達の話を沢山しました。

二人であんなに長い時間居たのは初めてでした。最後は今まで有難う、又会えたら会おうね、と話して別れました。

最後の最後まで優しく接してくれた彼と高校3年間を過ごせて楽しかったです。お返しには新たに進学する私にパスケースをくれました。

しかし、学校の近くに引っ越したので定期券は使わなかったのですが、今でも大切に置いてあります。

セクハラでしょ!どんびきのホワイトデーのお返し

25歳の時、当時勤めていた会社の上司からピーチジョンのティーバックをもらった時はどんびきでした。

上司は中年の男性2人で、対象の女性部下は私だけではなく、全員に同じものが配られました。色はばらばらで私には紫色が当たってしまい、気持ち悪くて結局捨ててしまいました。

皆気持ち悪がってましたが、上司2人はにやにやしていたので、冗談のつもりだったのでしょうが、今ならセクハラで訴えられるかもしれませんね。

その年のホワイトデーのお返しがそんな感じで、女性陣にあまりにも不評だったので、翌年は無難にクラブハリエのバームクーヘンが配られました。

こちらの方は女性社員皆素直に大喜びしていましたが、前年のあれはなんだったんだろうと今でも不思議です。

同じことをもっとかっこいい男性がやっていたら女性がひかなかったかもしれません。

キムタクにテイーバックもらえたらうれしいかもしれませんしね。男性陣はよく自分のポジションを考えてからホワイトデーのお返しは考えた方がいいかもしれませんね。

ホワイトデープレゼントに現金10万円?!

毎年やってくるホワイトデー☆その日にもらいえるプレセントを楽しみにしていない女子はいないと思います。

私はホワイトデーのプレゼントで、嬉しい反面!えぇぇ??と、思ったものは現金10万円でした。当時は多忙な方でしたし、変なものをプレゼントしまってもしかないと・・・ほしい物を買ってねと現金そのままでした。

頭にきた部分と、まぁ?自分で選べばへんなものを買うわけないから、冷静になるとそれはそれでいいかと感じるようになってきました。

20代の時にこんなことをされたらかなり熱くなっていたと思いますが、30代にもなると、現金のプレゼントもいいかな?と思います。

ちなみに私は手作りチョコレートを作り、ちょっとしたプレゼントを毎年選んでいます。

とりあえず今は円満なので、このまま現金対手作りチョコは続きそうです。割り切ってしまえば、非常にいいプレゼントだと年々思えてきています。