運命の人との忘れられないバレンタインデー

私と夫がはじめて会ったのは、バレンタインデーでした。インターネットでのやり取りはあったものの、実際に会うことになったのはバレンタインデー前日。

そのため、私が夫へはじめて贈ったプレゼントはチョコレートです。そして、夫からはじめてもらったプレゼントはホワイトデーのプレゼントのカップでした。

理系の人だからなのか、カップは磁化杯。今でも取ってあります。銀色のタンブラーのようなもので水を入れておくと磁力でまろやかになるのだそう。

当時、白湯ダイエットをしていたので朝の1杯のお湯をこの磁化杯で飲んでいました。

今は結婚して子供も2人いるので、この時のプレゼントのありがたさもそこまで感じず棚の奥にひっそりとしまわれてしまっています。

バレンタインデー、ホワイトデーのプレゼント交換もなくなってしまいましたが、再開するのもいいかもしれないと感じます。

初体験!本命のチョコの思い出

高校生3年の時に産まれて初めてバレンタインデーに本命にチョコを渡しました。その人には高校1年の時にうっかり告白してしまって振られてからずっと友達でした。

卒業後は進学と就職で会う事もなくなるし、ホワイトデーには卒業後だから会う事も無いので、最後にもう一度気持ちを伝えたくて渡しました。

返事は欲しい訳でも無かったのですが、なんと、ホワイトデーに急に会えるか、とメールが来ました。

バイトの合間でしたが初めて、仮病を使って帰りました。何を言われるか期待は全くしていなかったのですが、きちんとホワイトデーにお返しを準備してくれました。

それから二人で夜通し近くのファミレスで高校生活の話や今後の話、友達の話を沢山しました。

二人であんなに長い時間居たのは初めてでした。最後は今まで有難う、又会えたら会おうね、と話して別れました。

最後の最後まで優しく接してくれた彼と高校3年間を過ごせて楽しかったです。お返しには新たに進学する私にパスケースをくれました。

しかし、学校の近くに引っ越したので定期券は使わなかったのですが、今でも大切に置いてあります。

意識もしていなかったホワイトデーにまさかのお返し

20代前半のころ、付き合っていた彼氏からホワイトデーのお返しを貰った思い出です。バレンタインデーに私からは、簡単なものながら手作りのチョコケーキをプレゼントしていました。手の込んだものを作ったわけでもないし、バレンタインデーは交際相手がいなくても、家族や友人等毎年誰かしらあげていて特別な日という感覚も薄れていたので、ホワイトデーのことは全く気にしていませんでした。お互い社会人で会えるのは週末だけだったのですが、彼氏はしっかりホワイトデーのお返しを持ってきてくれました。もらったものはお菓子のラスクでした。期待していなかっただけに驚きましたが、やはり貰えると嬉しかったです。甘いものは大好きなのですが、食べるのがもったいなくて1日1枚チビチビ食べたのを覚えています。その彼氏は現在の旦那さんで、今でも素敵な思い出です。