母にまでホワイトデーのプレゼントに感動!

高校生の頃付き合っていたカレ。当日は2人で散歩デートしてからお家デートでした。そしてカレからのお返しは普通にその辺のホワイトデー特集コーナーで売っている可愛いお菓子とお手紙でした。

そこまでは毎年同じだし可愛くて嬉しかったのですが、なんと私の母へのお返しも。母からチョコは渡してなかったのですが、気持ちだからと。

お花とワンちゃんをモチーフにした小さなプリザーブドフラワーでした。私へのお返しより少しだけ豪華じゃないか?とも思いましたが(笑)

私宛への手紙の内容もとっても私を思ってくれている内容だったしその日はデートでも楽しんだので満足でした。

母も大変喜んで彼のことをさらに気に入ってくれました。私の母のことまで想ってくれることに驚きと、感動でとても良い思い出になりました。それが過去で一番思い出に残り、嬉しくなったホワイトデーでした。

3倍返しの高級なホワイトデーのプレゼントに感激

男性ばかりの職場に勤めていた時。そこまで高くないけれどデパートで売っている高級そうに見えるチョコを上司や先輩たちに贈りました。

男性ばかりで結構歳が年配の人も多く、ホワイトデーは3倍返しと言われているように本当に3倍返し、それ以上の高級なスイーツのお返しを結構頂きました。

上司や先輩たちの間でちょっと見栄の張り合いがあったのかもしれません。お返しが被っている人もいました。北海道の有名なチーズケーキ1ホールを違う方からそれぞれ3つも頂きまして。

家の冷凍庫にも入りきらず、1つは友達と鍋パーティーした時にお土産で持っていき食べました!1つは実家に。1つは私が。

さすがに被ってしまってすまないと謝られましたが、こちらはお返しして下さった気持ちが嬉しかったですし、友達や家族が美味しく食べれたので感謝です。

一番高級だったのがシャンパン1本でした。お洒落で高級なお返しに恐縮しきりでしたが嬉しかったです。

これを機に、個々に渡すのではなく大きなお菓子の詰め合わせをバレンタイン用に会社に置いておくようにしました。

お返しも皆さんから1つ、食器やアロマグッズなどを返して貰うようになりました。

不器用な彼からの手作りのうれしいチョコのお返し

以前お付き合いしていた彼から手作りチョコをもらったことが、今でもとても印象に残っています。

彼は普段料理をほとんどしない人で、ましてやお菓子作りなんて一切経験の無い人だったのでとても驚きでした。

最初は湯煎の仕方も分からなかったそうで、「インターネットで調べながら作ったんだよ」と恥ずかしそうに出してきたのが面白かったです。

渡されたお菓子は溶かしたチョコレートにコーンフレークを混ぜ、それをプリンカップに入れて固めてありました。

バレンタインのお返しがまたチョコレートというのもちょっと可笑しく感じてしまいましたが、あるもので工夫して作ったのが伝わって嬉しかったです。

2人で美味しくいただきました。不器用なのに手作りのお返しをと考えてくれたその気持ちが、ブランド物など奮発したプレゼントより高価だと改めて実感しました。

ゴミに捨てたホワイトデーのお返し

ホワイトデーでどうしようかと思ったのが、会社の人からもらったお返しで下着があったことです。

お世話になっていた人で定年間近な男性がいたのでバレンタインデーのチョコレートをあげたところ、お返しが赤いTバックでした。

ジョークギフトと呼ばれる一見するとハンカチのように包まれているホワイトデー用のプレゼントでした。

そのため、レースのハンカチと思いこんでいたのですが、家に帰ってからあけてみるとハンカチではなくて下着でした!

既婚者なので下心はなかったと思いますが、その次に会った時、男性からプレゼントの話題をされた時には笑うのが精いっぱいでした。

使い道はありませんし、はくのも躊躇します。そして、相手はジョークのつもりでプレゼントしていても女性としては抵抗があります。

家族に見られるのもイヤだったので、結局、燃えるゴミの日に捨ててしまいました。

初体験!本命のチョコの思い出

高校生3年の時に産まれて初めてバレンタインデーに本命にチョコを渡しました。その人には高校1年の時にうっかり告白してしまって振られてからずっと友達でした。

卒業後は進学と就職で会う事もなくなるし、ホワイトデーには卒業後だから会う事も無いので、最後にもう一度気持ちを伝えたくて渡しました。

返事は欲しい訳でも無かったのですが、なんと、ホワイトデーに急に会えるか、とメールが来ました。

バイトの合間でしたが初めて、仮病を使って帰りました。何を言われるか期待は全くしていなかったのですが、きちんとホワイトデーにお返しを準備してくれました。

それから二人で夜通し近くのファミレスで高校生活の話や今後の話、友達の話を沢山しました。

二人であんなに長い時間居たのは初めてでした。最後は今まで有難う、又会えたら会おうね、と話して別れました。

最後の最後まで優しく接してくれた彼と高校3年間を過ごせて楽しかったです。お返しには新たに進学する私にパスケースをくれました。

しかし、学校の近くに引っ越したので定期券は使わなかったのですが、今でも大切に置いてあります。

セクハラでしょ!どんびきのホワイトデーのお返し

25歳の時、当時勤めていた会社の上司からピーチジョンのティーバックをもらった時はどんびきでした。

上司は中年の男性2人で、対象の女性部下は私だけではなく、全員に同じものが配られました。色はばらばらで私には紫色が当たってしまい、気持ち悪くて結局捨ててしまいました。

皆気持ち悪がってましたが、上司2人はにやにやしていたので、冗談のつもりだったのでしょうが、今ならセクハラで訴えられるかもしれませんね。

その年のホワイトデーのお返しがそんな感じで、女性陣にあまりにも不評だったので、翌年は無難にクラブハリエのバームクーヘンが配られました。

こちらの方は女性社員皆素直に大喜びしていましたが、前年のあれはなんだったんだろうと今でも不思議です。

同じことをもっとかっこいい男性がやっていたら女性がひかなかったかもしれません。

キムタクにテイーバックもらえたらうれしいかもしれませんしね。男性陣はよく自分のポジションを考えてからホワイトデーのお返しは考えた方がいいかもしれませんね。

意識もしていなかったホワイトデーにまさかのお返し

20代前半のころ、付き合っていた彼氏からホワイトデーのお返しを貰った思い出です。バレンタインデーに私からは、簡単なものながら手作りのチョコケーキをプレゼントしていました。手の込んだものを作ったわけでもないし、バレンタインデーは交際相手がいなくても、家族や友人等毎年誰かしらあげていて特別な日という感覚も薄れていたので、ホワイトデーのことは全く気にしていませんでした。お互い社会人で会えるのは週末だけだったのですが、彼氏はしっかりホワイトデーのお返しを持ってきてくれました。もらったものはお菓子のラスクでした。期待していなかっただけに驚きましたが、やはり貰えると嬉しかったです。甘いものは大好きなのですが、食べるのがもったいなくて1日1枚チビチビ食べたのを覚えています。その彼氏は現在の旦那さんで、今でも素敵な思い出です。

幼稚園児の息子に罪はない?母が毎年悩むお返しの結末は

息子のホワイトデーの思い出です。バレンタインデーにチョコレートをもらうのはうれしいことなのですが、ホワイトデーのお返しが困ってしまいます。もらったのは私ではなく息子なのですが、幼稚園児の息子が選ぶわけにはいかず、やはり母親が悩んでしまいます。

幼稚園は、子ども同士のつながりだけではなく母親同士のつながりもあり、バレンタインの時は「○○ちゃんは手作りチョコをくれた」「○○ちゃんは大袋のお菓子を小分けしたチョコだったよ。」とか子どもではなく、母親の話題のネタでした。

その状況を考えると、ホワイトデーも同じことが考えられ、ホワイトデーの時期は特設コーナーに行っては、私が頭を抱えていました。

結局、幼稚園児の女の子が喜ぶような無難なお返しを選びました。息子はおいしいチョコレートをもらって、私はお返しに悩まされ、ホワイトデーには複雑な思い出があります。