超ショック!!初めての手作りバレンタインチョコの結末は

小学校4年生の時の思い出です。 あれは確か3年生の時から片思いしてた男の子に思い切ってチョコレートのプレゼントした時の事です。

その男の子は頭が良くてスポーツも出来て人気者の男の子K君でした。 母親と相談して初めての手作りのチョコレートを前の日から作り始めました。

普通の板チョコを湯煎で溶かして型に入れてナッツを砕いたものを入れたもの、そして苺をトッピングしたものを冷蔵庫で固めた簡単なものでした。

小学生ですからそんなものでしょう。自分では良くできたと感心しながら次の日に、手紙もいれ可愛くラッピングし学校に持って行きました。 ドキドキしながらK君のそばに行きました。

他のクラスメートもチョコレートを渡していました。その中に混じって私もついにチョコレートを渡したのです。 初告白でもありますからそのあともドキドキしてました。

明日もしかして返事が来るかもなんて淡い思いを抱いての学校の帰り道・・・・・ 足にがさっと何かが当たりました。あれっ?見てみるとチョコレートの落し物が!

誰かが落として行っちゃったんだなあ~~と少し歩いて行くと、次々とチョコレートが落ちているではないですか~ まさかと思いながらチョコレートの道を進んでいくと、昨日から一生懸命作った私の手作りチョコがポツンと落ちているではないですか!

その先に手紙までもが・・・・・ 次の日からその男の子は女子から無視をされたのはいうまでもありません ですがものすごくショックな初バレンタインデーでした。

友人と一緒に作る友チョコの楽しみ方

バレンタインは友達と交換する用に、手作りチョコを作っていました。デパートでおいしそうなチョコも素敵ですが、手作りすると楽しいし、ラッピングも自分で考えてできるのでいいです。

友達とお金を出し合って、材料から買ってきて一緒に作りました。 友チョコは、クッキーを焼いてとかしたチョコをからめて作りました。

上にカラフルなチョコをトッピングするととてもかわいくできます。今は100円ショップで、便利な材料を売っているので利用するといいですね。

ホワイトチョコに、食紅を少し混ぜてピンク色のチョコを作りました。1つずつ小さな包装紙に入れて、友達に贈るととても喜んでもらえました。

手作りは気持ちが伝わると思います。ホワイトチョコ+抹茶を混ぜると、生チョコみたいでかなり評判良かったです。 今年も手作りチョコを作って、大好きな人を喜ばせたいと思います。