今思い出してもドキドキする中2のバレンタイン

一番思い出に残っているのは中学生2年生の時のバレンタインです。 はじめて好きな人にチョコをプレゼントしました。

もちろん中学校は、お菓子の持ち込みが禁止されていたので、持っていくのもドキドキでした。 前日に生チョコとシュークリームを作り、キレイにラッピング。

本命チョコだけだとからかわれそうだったので、義理チョコも用意しました。 本命チョコはデコレーションもラッピングもほかのよりも少しだけ豪華に。

みんながいなくなった教室でこっそり渡したバレンタインチョコ。 好きだった彼は目の前で開けて食べてくれました。

そして、一言「美味しかった。また作ってね。」と。 思い出しただけで胸がキュンとします。

照れ屋だったあの頃の私は、本命チョコだとは伝えられませんでした。 彼もあのチョコが本命だったとは気づいていなかったでしょう。

その後特に進展はなかったのですがバレンタインの大切な思い出です。

彼より自分の親が気になった中学生時代・・・

大変だった思い出 中学生の時に好きだった人にバレンタインを作りました。

ですが、そこまでが大変で、家は厳しいというか・・台所で何かをすると必ず親が現れるので外出している時を狙って作りました。 事前に材料なども買っておいて部屋に隠していたのです。

もちろん時間は限られていますから、トリュフという簡単に出来るものをセレクト。 溶かして丸めて固めて・・ものすごく緊張しながら作りましたね!

好きな人を浮かべていたわけではなく、いつ親が帰ってくるかという緊張感に! 無事に作り終わって後片付けをしてラッピング。 どうにか帰ってくる前に終わったんですが・・

夕飯時にバレンタイン作ってたの?と言われてしまいました。 どうやら匂いでバレていたみたいです(笑) 匂いだけは片づけられなかったみたいで・・。

もちろん作ったバレンタインは無事渡せましたが、告白したわけではなかったのでそれで終了。 翌年は作りませんでした。 疲れたバレンタインでしたね。

あま~い青春♪高校時代のバレンタインデー

高校生のころ、片思いだったおなじ部活の男子と、両想いになれて、はじめてのバレンタインがやってきました。

チョコレートは、手作りしたことがなく、ほとんど父に買ってあげたことしかなくて、両想いになれたのが、すごく嬉しかったので、気持ちをこめて手作りにすることにしました。

近所のスーパーで、ハートの形をしたチョコレートのキットをかい、チョコレートを湯煎にかけて固めて、割ったらいけないと思いながら通学中のカバンに大事にいれて持っていき、部活が終わって一緒に帰る時に、手作りのチョコレートを渡しました。

相手は、もったいなくて食べられないといいながらも、喜んで食べてくれたみたいで、嬉しかったです。

自分で手作りをしてよかったなと思いました。ホワイトデーに、お返しのクッキーを手紙付きでくれたのが、かわいかったです。甘い青春の思い出です。

先生を待ち伏せた高校時代の思い出

高校3年生の時に、部活の先生へ。 私がやっていた部活動は、他の学校との合同練習がありました。 その時に仲良くなった、他校の先生を好きになり、バレンタインにチョコレートクッキーを作りました。

手作りしたのは初めてだったので、正直あまりおいしくなかったかもしれません(笑) でも、どうしても渡したかったので、部活が終わったあと、先生の車の前で待っていました。

友達も一緒に待っていてもらいましたが、なかなか来ないのでずっとドキドキしていたのを覚えています。

好きだとかそういったことは伝えられず、カードなども入れず、ただ「お世話になっているから」という感じで渡しました。

「ありがとう。嬉しいよ。」と言って、その場でひとつ食べてくれました。 今考えると、完全に気持ちはバレていましたね。 高校時代の甘酸っぱいいい思い出です。

手作りを途中放棄したバレンタインケーキは・・・

小学6年生の頃、学校が同じで近所に住んでいたかっこいい男の子(Kくん)にバレンタインプレゼントをあげることになりました。

モテモテのKくんになんとか印象づけようと、他の友人との差をつけるため大きな手作りのロールケーキをあげることにしました。

生地から生クリームから全て手作りしようと励んでいましたが、料理ましてやお菓子類など作ったことのなかった当時の私は、母に懇願し手伝ってもらいながら作ることになりました。

ところが、飽きやすかった私は生地を混ぜるところですぐに面倒くさくなってしまい、途中放棄してしまいました。 材料も全て揃え、混ぜ合わせていたため母は怒りながらも、(しかも途中から父も参加し)最後まで完璧に作ってくれました。

出来上がりに感動し、ラッピングまで親に任せてそれをそのまま、Kくんの家に持って行きました。 あいにくKくんは留守にしており、母親に渡したのですが、あまりの出来の良さにものすごく感動し喜んでくれました。

その時は強がって、お手伝いなんてほとんどなしで自分で作ったんだと言っていましたが、すぐに母によって真実はバレてしまいました。

今思うと、私の両親はよくやってくれたなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。 今ではそんな両親へ毎年手作りでバレンタインプレゼントをしています。

ガトーショコラにする本当の理由

昔からバレンタインは手作りのガトーショコラをプレゼントすることにしています。

今の旦那さんもチョコレートそのものを口にすることが苦手だったようですが、手作りでプレゼントされていると食べない訳にもいかず、最初の頃は美味しいと言いながら、あきらかにお世辞まじりなのが分かったのですが

20代後半からつき合い始めて結婚、トータルで10回ガトーショコラを食べているうちに、チョコレートそのものが好きになり、今では自らチョコレートを買う程にチョコが好きになったようです。

ああ、継続は力なりですね。

そもそも私がガトーショコラを作り続けたのには訳があります。私がガトーショコラが好きだった。だからバレンタインをきっかけに、良い材料を購入して自分の分のガトーショコラをちゃっかり一緒に作っていたのです。

そんなこととはつゆ知らず、旦那さんは今年もガトーショコラを楽しみにしてくれているようです。

ドロドロの失敗ケーキを食べた彼の一言

私が20歳の時、当時付き合っていた夫の為に、バレンタインのチョコレートケーキを作りました。

スポンジケーキを作ったことはあったのですが、チョコレートケーキは初めてだったので、レシピ本を見ながら作りました。

レシピ通りに作ればよかったのですが、材料に書かれていた純正ココアを使わずに、ミルクココアの粉末を使ってしまったんです。

純正ココアには砂糖が入っていないのですが、ミルクココアには砂糖が含まれているため、それが原因で仕上がりは大変なことになってしまいました。

ケーキが焼きあがったと思い、オーブンを開けると、すごくきれいな焼き目で大成功と思いきや、型から外すとどろどろの液体が出てきて、ベチャベチャになってしまいました。

夫にはそのことを伝え、ベチャベチャのケーキを見せると、表面の焼けた部分を食べて「おいしいね。」と言ってくれました。その一言がすごくうれしくて20年経った今でも忘れることができません。

ちょっと珍しい?手作りのチョコキャラメル

高校生の時の思い出です。当時、学校では友達同士で手作りのチョコを交換し合うことが流行っていました。なので、私も作って持って行くことに。

みんなが作るので、生チョコやクッキーなどでは、他の友達とかぶってしまうと思ったので、いろいろ調べて、チョコキャラメルにすることにしました。

作るのは、材料を混ぜて固めるだけで、私にも簡単に出来ました。ただ困ったのは、かなり大量に出来たことです。

友達、10名くらいに配ったのですが、それでも配った分の倍以上残ってしまいました…。仕方がないので、家族で少しずつ食べていくしかないなぁと思っていました。

そんなところに、小学生の弟が、友達を家に連れてきていたので、みんなに食べてもらうことに。食欲旺盛の男の子5,6人であっという間に半分は食べてくれました。

しかも、翌日は友達が友達を呼んだようで、更にたくさんの子が遊びに来てくれ、あんなにたくさんあったキャラメルが2日でなくなりました。バレンタインの時やキャラメルを見ると今でも思い出す出来事です。

子供たちが喜んでくれた手作りチョコレート

2012年のバレンタインの時に、私はベビーシッターをしていました。その家は食事なども拘りがあり、市販のチョコレートもどれが良いかわからなかったので、手作りをすることにしました。

大好きなナツメヤシの実から種を抜き、かわりにオーガニックのナッツを埋め込み、湯煎したチョコレートで表面をコーティングをするという作り方が簡単なものだったのですが、

表面にナッツを更に飾ったりラッピングを精一杯可愛くして、当日持っていくと、シッターしている子供たちがとても喜んでくれて、1日2粒と決められているところをもっともっととせがんで食べたがっていたのが、とても嬉しかったです。

相手の事を考えて作ったものを、喜んでもらえるというのはこんなにも嬉しいんだなと改めて感じました。

それからは、近しい人へのバレンタインは毎年相手の好みにあったものを手作りするようにしています。

気遣いが足りなかった苦い思い出

結婚してからはバレンタインとは、ほぼ縁がなくなってしまったと思っていたのですが、男の子が生まれてママ同士のサークルに参加するようになった30歳頃のバレンタインの日、

いつも通りサークルの集まりに参加してワイワイ楽しんだ後、帰り間際になって同じサークル仲間の男の子のママさんから皆に手作りのクッキーが配られました。

他のママさんも用意してきていて、用意してきていないのは、私ともう一人くらいでした。皆、子供は男の子だし、バレンタインなんて関係ないと勝手に思っていたのでビックリしました。

もちろん、嬉しかったのですが、自分の気遣いの出来なさに恥ずかしくもなりました。慌ててホワイトデーには手作りでお菓子を作ってお返ししましたが、少し苦い思い出です。

子供が出来たらイベントとは無縁というわけには、いかないんだなっ、もっと気遣いが出来ないといけないなっと実感できるバレンタインでした。