気遣いが足りなかった苦い思い出

結婚してからはバレンタインとは、ほぼ縁がなくなってしまったと思っていたのですが、男の子が生まれてママ同士のサークルに参加するようになった30歳頃のバレンタインの日、

いつも通りサークルの集まりに参加してワイワイ楽しんだ後、帰り間際になって同じサークル仲間の男の子のママさんから皆に手作りのクッキーが配られました。

他のママさんも用意してきていて、用意してきていないのは、私ともう一人くらいでした。皆、子供は男の子だし、バレンタインなんて関係ないと勝手に思っていたのでビックリしました。

もちろん、嬉しかったのですが、自分の気遣いの出来なさに恥ずかしくもなりました。慌ててホワイトデーには手作りでお菓子を作ってお返ししましたが、少し苦い思い出です。

子供が出来たらイベントとは無縁というわけには、いかないんだなっ、もっと気遣いが出来ないといけないなっと実感できるバレンタインでした。