ウケ狙いのプレゼントが意外と喜ばれました

昨年、バレンタインには山のようにもらう同僚に義理チョコでいいかなと思いチョコレートをあげようと思ったのですが、いつも本当に山のようにもらっているので止めて、虫歯予防にキシリトールガム(プラスチックの筒型のもの)をあげました。

半分うけ狙い的な感じであげたのですが、もらった男性から、正直チョコより嬉しいと本当に喜んでいました。

「本命です」と、たぶん頑張ったであろうメッセージ付きの手作りチョコよりもこういう気遣いができる人のほうがいいな~と言っていましたね。

もらう男性側にも苦労があるんだな。としみじみ思った記憶があります。 その男性は今のご時勢、手作りチョコはちょっと何が入ってるか分からないから申し訳ないけど食べないとも言っていました。

女性のみなさんには、本命には高くない美味しいチョコをあげましょうとアドバイスしてあげたいです。

意外と好評!先生方に毎年贈った「スルメ」

私が学生時代に、大学の先生方にあげたプレゼントで大好評だったときの話です。

バレンタインに先生方はチョコレートばかりもらうので、ここはちょっとひねろうと、一匹丸のままのスルメをプレゼントにしたことがあります。透明の袋でラッピングし、足と銅の間にかわいくリボンをあしらいました。

そこに、それぞれの先生の好きな銘柄のタバコやお酒をつけて、一人あたり500円弱で仕上がったかと思います。 スルメは昔から縁起の良い食べ物なので、年配の先生たちには、特に喜ばれた記憶があります。

若い先生たちも、「珍しい!」と喜んでくれました。全員同じではなくて、それに添えるものも相手に合わせたのも喜んでもらいました。

先生たちにあつまったバレンタインのチョコレートは、たいていはゼミ内のおやつになってしまうものなのですが、私のその年のプレゼントはみなさん持って帰ってくださったようで、すごく嬉しかったです。

ただ、翌年からは先生方の期待が大きすぎ、ちょっとプレッシャーがかかりました。

新しいアイデアが浮かばないため、それ以来、卒業するまで毎年スルメとプラスアルファのプレゼントをしていますが、毎年「待ってたよ」と言っていただけました。

あま~い青春♪高校時代のバレンタインデー

高校生のころ、片思いだったおなじ部活の男子と、両想いになれて、はじめてのバレンタインがやってきました。

チョコレートは、手作りしたことがなく、ほとんど父に買ってあげたことしかなくて、両想いになれたのが、すごく嬉しかったので、気持ちをこめて手作りにすることにしました。

近所のスーパーで、ハートの形をしたチョコレートのキットをかい、チョコレートを湯煎にかけて固めて、割ったらいけないと思いながら通学中のカバンに大事にいれて持っていき、部活が終わって一緒に帰る時に、手作りのチョコレートを渡しました。

相手は、もったいなくて食べられないといいながらも、喜んで食べてくれたみたいで、嬉しかったです。

自分で手作りをしてよかったなと思いました。ホワイトデーに、お返しのクッキーを手紙付きでくれたのが、かわいかったです。甘い青春の思い出です。

逆サプライズ!?派手な下着をプレゼントした私は・・・

初めての彼氏ができたのが19歳の時でした。その初めてのプレゼントの話です。

付き合い始めてすぐの彼のために何を選べばよいのか本当にわからず、友人たちに相談したら「チョコだけじゃだめ。一緒に下着を渡すのが流行っているの!」と真顔でアドバイスされました。

田舎から都会に出てきたばかりの私は友人たちに生まれて初めての男性用下着売り場に足を踏み入れ、彼女・彼らの勧めのままに、かなり派手な下着(トランクスと靴下)をセットにして、プレゼント用にラッピングをしてもらいました。

私が手渡したプレゼントを開けた時の彼の戸惑った顔は、今でも忘れられません。私がそういうプレゼントを選ぶようなタイプではなく、かなり素朴な地味なタイプだったので、余計にびっくりしたんだと思います。

そのすぐあとに友人たちが現場に来て、「実はね・・・」と事情を説明してくれて大笑いで終わりましたが、ロマンティックな馬連ラインを予想していた私は、本当に恥ずかしく、またガッカリしたものでした。

今となっては良い思い出ですが、それ以来、プレゼントはどんな場合も自分で選ぶようにしています。

まさかの「汚ギャル」から手作りチョコ・・・

私が25歳ぐらいの頃、会社のOLをしていた時のバレンタインプレゼントの思い出です。

そのときに、5歳ぐらい年下の女性の後輩がいました。普段から少し不衛生な感じが漂っていて、いわゆる「汚ギャル」風でした。

制服はヨレヨレ、靴もクタクタ、メイクは「面倒くさかったので、昨日からそのままなんですよ。」という日が頻繁にある始末でした。

仕事面でも必ずと言っていいほど何かを忘れるので、仕事ができる後輩というわけでもありませんでした。

そんな後輩からバレンタインデーの日に、「これ、バレンタインのプレゼントです。手作りしたんですよ。」と言われて、クッキーにチョコレートをコーティングした上にカラフルなトッピングがしてあるお菓子をもらいました。

まさかこの後輩からもらえるなんてという驚きと同時に、おなかを壊さないかと非常に不安になったことを覚えています。

女子はしたたか!?バレンタインもしっかり計算しています

私が小学生高学年の頃はお返しは親が買って返すのが定番でした。

どの男の子のお返しが豪華だ、とかの話がバレンタイン前になるとちらほら聞こえてきました。そこで一人の女の子はそのお返し欲しさに好きでもない男の子に渡す計画を教えてくれました。

面白そうなので見学させてもらいました。市販のトリュフを個包装から一つずつ出して100円均一のラッピングに入れ直し、手づくりの様にして渡していました。

渡す時に中身を見せてもらいましたが本当に手づくり感が出ていました。しかし、実際は市販のトリュフですので味も問題ありません。

渡す時も特にドキドキ感もなく素っ気なく渡していました。

その後、ホワイトデーに何をもらったか聞いたら、300円位かけて渡したお菓子が1500円相当のお菓子と文房具になって返ってきていました。

小学生ながら彼女の投資に対する行動が見え隠れし驚かされました。