子供たちが喜んでくれた手作りチョコレート

2012年のバレンタインの時に、私はベビーシッターをしていました。その家は食事なども拘りがあり、市販のチョコレートもどれが良いかわからなかったので、手作りをすることにしました。

大好きなナツメヤシの実から種を抜き、かわりにオーガニックのナッツを埋め込み、湯煎したチョコレートで表面をコーティングをするという作り方が簡単なものだったのですが、

表面にナッツを更に飾ったりラッピングを精一杯可愛くして、当日持っていくと、シッターしている子供たちがとても喜んでくれて、1日2粒と決められているところをもっともっととせがんで食べたがっていたのが、とても嬉しかったです。

相手の事を考えて作ったものを、喜んでもらえるというのはこんなにも嬉しいんだなと改めて感じました。

それからは、近しい人へのバレンタインは毎年相手の好みにあったものを手作りするようにしています。