あま~い青春♪高校時代のバレンタインデー

高校生のころ、片思いだったおなじ部活の男子と、両想いになれて、はじめてのバレンタインがやってきました。

チョコレートは、手作りしたことがなく、ほとんど父に買ってあげたことしかなくて、両想いになれたのが、すごく嬉しかったので、気持ちをこめて手作りにすることにしました。

近所のスーパーで、ハートの形をしたチョコレートのキットをかい、チョコレートを湯煎にかけて固めて、割ったらいけないと思いながら通学中のカバンに大事にいれて持っていき、部活が終わって一緒に帰る時に、手作りのチョコレートを渡しました。

相手は、もったいなくて食べられないといいながらも、喜んで食べてくれたみたいで、嬉しかったです。

自分で手作りをしてよかったなと思いました。ホワイトデーに、お返しのクッキーを手紙付きでくれたのが、かわいかったです。甘い青春の思い出です。

先生を待ち伏せた高校時代の思い出

高校3年生の時に、部活の先生へ。 私がやっていた部活動は、他の学校との合同練習がありました。 その時に仲良くなった、他校の先生を好きになり、バレンタインにチョコレートクッキーを作りました。

手作りしたのは初めてだったので、正直あまりおいしくなかったかもしれません(笑) でも、どうしても渡したかったので、部活が終わったあと、先生の車の前で待っていました。

友達も一緒に待っていてもらいましたが、なかなか来ないのでずっとドキドキしていたのを覚えています。

好きだとかそういったことは伝えられず、カードなども入れず、ただ「お世話になっているから」という感じで渡しました。

「ありがとう。嬉しいよ。」と言って、その場でひとつ食べてくれました。 今考えると、完全に気持ちはバレていましたね。 高校時代の甘酸っぱいいい思い出です。

すごすぎ!イケメン外国人店員のバレンタイン効果

チョコレートが大好きで、ただ食べたいだけから、見知らぬ女性からチョコを貰った事もあり(私も一応女性なのですが、突然告白されて驚きました)思い出は小学生の頃から、毎年何かしらあったので、山程あります。

中でも印象強かったのは、チョコレートの販売のアルバイトをした時の事です。

10年程前ですが、店の社長が「チョコを買うのは女性だから、女性受けが良いように、店員をイケメン外国人ばかりにしよう」と企画して実行したところ、

本当に購入される女性が多くなったことと、複数買った女性の中には、そのままお気に入りのイケメンにチョコをプレゼントして帰っていかれる方が多くいらっしゃいました。

社長の狙いが当たった事もすごいと思いましたが、女性にとって、バレンタインのチョコをあげる行為は、日頃よりもずっと大胆にさせる作用があるのかもしれないな、と、思いました。

店舗ごとの売り上げの競争もありましたが、イケメンアルバイトさん達も、期間中でいくつお客様からもらえたかという競争をしていました。

チョコフォンデュを一番喜んだのは

一昨年のバレンタインは、チョコレートが大好きな夫に電気チョコレートフォンデュメーカーをプレゼントしました。

苺やバナナ、マシュマロ、クッキー、ウエハース・・・色々な具を並べ家族でわいわい♪結構盛り上がりました。 特に子供達は大喜びで、お友達の訪問時にやると喜んで貰えます。

ホットプレートのように電気なので、子供たちの誕生日のキャラデコケーキ作りにも使用しています。 今年はそのチョコレートフォンデュメーカーを利用し、チョコレートで夫の好きな物を描いてプレゼントしようかと考え中です。

と、結局 夫ではなく私たちが利用しているという…。 でも「家族の笑顔がパパの幸せ」といつも言っているので結果喜んで貰えてるのかな!?

夫が喜んでいるかは定かではありませんが、私的には良いプレゼントをしたと勝手に思っています(笑)

超ショック!!初めての手作りバレンタインチョコの結末は

小学校4年生の時の思い出です。 あれは確か3年生の時から片思いしてた男の子に思い切ってチョコレートのプレゼントした時の事です。

その男の子は頭が良くてスポーツも出来て人気者の男の子K君でした。 母親と相談して初めての手作りのチョコレートを前の日から作り始めました。

普通の板チョコを湯煎で溶かして型に入れてナッツを砕いたものを入れたもの、そして苺をトッピングしたものを冷蔵庫で固めた簡単なものでした。

小学生ですからそんなものでしょう。自分では良くできたと感心しながら次の日に、手紙もいれ可愛くラッピングし学校に持って行きました。 ドキドキしながらK君のそばに行きました。

他のクラスメートもチョコレートを渡していました。その中に混じって私もついにチョコレートを渡したのです。 初告白でもありますからそのあともドキドキしてました。

明日もしかして返事が来るかもなんて淡い思いを抱いての学校の帰り道・・・・・ 足にがさっと何かが当たりました。あれっ?見てみるとチョコレートの落し物が!

誰かが落として行っちゃったんだなあ~~と少し歩いて行くと、次々とチョコレートが落ちているではないですか~ まさかと思いながらチョコレートの道を進んでいくと、昨日から一生懸命作った私の手作りチョコがポツンと落ちているではないですか!

その先に手紙までもが・・・・・ 次の日からその男の子は女子から無視をされたのはいうまでもありません ですがものすごくショックな初バレンタインデーでした。

手作りを途中放棄したバレンタインケーキは・・・

小学6年生の頃、学校が同じで近所に住んでいたかっこいい男の子(Kくん)にバレンタインプレゼントをあげることになりました。

モテモテのKくんになんとか印象づけようと、他の友人との差をつけるため大きな手作りのロールケーキをあげることにしました。

生地から生クリームから全て手作りしようと励んでいましたが、料理ましてやお菓子類など作ったことのなかった当時の私は、母に懇願し手伝ってもらいながら作ることになりました。

ところが、飽きやすかった私は生地を混ぜるところですぐに面倒くさくなってしまい、途中放棄してしまいました。 材料も全て揃え、混ぜ合わせていたため母は怒りながらも、(しかも途中から父も参加し)最後まで完璧に作ってくれました。

出来上がりに感動し、ラッピングまで親に任せてそれをそのまま、Kくんの家に持って行きました。 あいにくKくんは留守にしており、母親に渡したのですが、あまりの出来の良さにものすごく感動し喜んでくれました。

その時は強がって、お手伝いなんてほとんどなしで自分で作ったんだと言っていましたが、すぐに母によって真実はバレてしまいました。

今思うと、私の両親はよくやってくれたなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。 今ではそんな両親へ毎年手作りでバレンタインプレゼントをしています。

ガトーショコラにする本当の理由

昔からバレンタインは手作りのガトーショコラをプレゼントすることにしています。

今の旦那さんもチョコレートそのものを口にすることが苦手だったようですが、手作りでプレゼントされていると食べない訳にもいかず、最初の頃は美味しいと言いながら、あきらかにお世辞まじりなのが分かったのですが

20代後半からつき合い始めて結婚、トータルで10回ガトーショコラを食べているうちに、チョコレートそのものが好きになり、今では自らチョコレートを買う程にチョコが好きになったようです。

ああ、継続は力なりですね。

そもそも私がガトーショコラを作り続けたのには訳があります。私がガトーショコラが好きだった。だからバレンタインをきっかけに、良い材料を購入して自分の分のガトーショコラをちゃっかり一緒に作っていたのです。

そんなこととはつゆ知らず、旦那さんは今年もガトーショコラを楽しみにしてくれているようです。

定年を迎えてから両親が新婚のようにラブラブになった理由

父と母のバレンタインについてのお話です。 父は船乗りで、家に帰ってくるのは年に一回一週間位。 元々が無口な父は帰ってきても、話すことはあまりありません。

その上頑固者で、食べる物も魚と野菜と決まっていました。 ですので、それ以外に口にするものは、お酒とたばこ位の人。それが父だと、母も私も信じていました。

父が退職したのは65歳を超えてからでした。 その頃には私は既に家をでており、結婚し30年以上たって、母は初めて父と365日を一緒に過ごすことになりました。

毎日毎日、魚と野菜の日々なんだろうな、と心配していたら、それから徐々に母から乙女のような連絡が来るようになったのです。

「うちのお父さん、カレーを食べるよ!」 「お父さんがコーラを飲んだよ!」 と、まるで新婚さんのように、初めて父の魚と野菜以外の好みに気づき始めた様子。

そして二人で過ごす初めてのバレンタイン、母から「お父さんに初めてチョコレートを上げたら、食べてくれたよ!苦いのが好みだって!」と、ラブラブな連絡が来たのです。

誕生日もクリスマスも一緒に過ごしたことがなかった二人で、未だにそれらを祝う習慣はないようですが、チョコレートのお陰で、両親にとってバレンタインは一年の大切なイベントになったようです。

以来、私が実家に帰るときは、バレンタインじゃなくてもお土産はダークチョコ。 そして母も毎年、父にバレンタイン用に美味しいチョコレートを選ぶのが楽しみにしています。

若い頃は離れ離れだった分、還暦を過ぎてラブラブな二人を見ていると、とってもほほえましく、また羨ましいです。

サプライズのスキー旅行ともう一つのサプライズ

その頃付き合っていた彼氏は、チョコレートや甘いものがあまり好きではない人でした。

それでもバレンタインデーには何かしてあげたいと思いものすごく考えました。 そうだ旅行に連れて行ってあげよう、しかもサプライズで・・・・

しかしその頃まだ20代そこそこでそんなにお金のない私はいろいろ探しました。で、結局バスツアーで彼の好きなスキーに連れて行ってあげることにしました。

前もって2月14日はカラオケかなんかしに遊びに行こうと言って空けておいてもらいました。 当日バス停の近くのコーヒー屋さんで待ち合わせしましたが、まだ時間が早すぎて空いてませんでした。

凍えそうになった頃彼がやってきました。 「今日は今からこのバスに乗るから」と予約したバスに二人で乗り込みました。

これから起こることを話したらびっくりしたと同時に「言ってくれればスキーの用意してきたのにい」と言い返されました。それはそうです。二人ともスキーの格好も道具も何も用意していなかったからです。

焦りました。サプライズにしようと思っていたことが裏目にでてしまいました。

スキー場についてから道具から何から借りてとりあえずはスキーは出来ました。 彼も喜んでました。 夜、部屋に行くとブリキのバケツにワインが入ってました。

彼は「おおっ!ワイン。このホテル気が効いてるな~~」と持ち上げラベルをみて「まじかあああ~~すげえええ~~ありがおおお」 スキー旅行と、あと一つ彼の生まれた年のワインを用意して持ってきておいたのです。

で、ホテルの方にお願いしてそっと用意しておいてもらったのです。 凄く喜んでいる彼の顔を見て・・・・・失敗はあったけど、とりあえずは成功の一夜でした。

花屋で働く私に届いたサプライズ!

21歳の時の話ですが、当時私はお花屋さんで働いていました。18の時からバイトで入って正社員にしてもらいました。

お花が大好きで、お誕生日やクリスマス、お正月など、色んなお祝いごとのたびにお花を買ってくださる方々がいて、色んな方のお話を聞いて花束やアレンジメントを作って。

でもお花屋さんあるあるになるかもしれませんが、お花が大好きで、お花屋さんで働いている私は、お花屋さんで働いているからだと思うんですが、お花をプレゼントされたことがありませんでした。

そんな中、バレンタインデーが来ました。お花屋さんにとっては戦いの日です。とっても忙しい日。

その頃私は、同じお花屋さんの、違う店舗で働いていた彼がいたんですが、仕事中の私に、花キューピット(お花の宅配サービス)が届きました。え?何?間違い?と思いましたが、メッセージカードを見てみると、私宛のものでした。彼からのものでした。

メッセージの内容は控えますが、とっても嬉しいサプライズでした。初めて男の人からもらったお花でした。一緒に働いていたみんなも羨ましいと言ってくれて、今でも忘れられない思い出です。