意外と好評!先生方に毎年贈った「スルメ」

私が学生時代に、大学の先生方にあげたプレゼントで大好評だったときの話です。

バレンタインに先生方はチョコレートばかりもらうので、ここはちょっとひねろうと、一匹丸のままのスルメをプレゼントにしたことがあります。透明の袋でラッピングし、足と銅の間にかわいくリボンをあしらいました。

そこに、それぞれの先生の好きな銘柄のタバコやお酒をつけて、一人あたり500円弱で仕上がったかと思います。 スルメは昔から縁起の良い食べ物なので、年配の先生たちには、特に喜ばれた記憶があります。

若い先生たちも、「珍しい!」と喜んでくれました。全員同じではなくて、それに添えるものも相手に合わせたのも喜んでもらいました。

先生たちにあつまったバレンタインのチョコレートは、たいていはゼミ内のおやつになってしまうものなのですが、私のその年のプレゼントはみなさん持って帰ってくださったようで、すごく嬉しかったです。

ただ、翌年からは先生方の期待が大きすぎ、ちょっとプレッシャーがかかりました。

新しいアイデアが浮かばないため、それ以来、卒業するまで毎年スルメとプラスアルファのプレゼントをしていますが、毎年「待ってたよ」と言っていただけました。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです