義理チョコの鉄則!

私が21歳の頃、とくにお付き合いをしている人もいない為、就職先の男性スタッフに義理チョコを配りました。

体力仕事の為甘いものが好きな男性が多くいた為チョコレートは喜ばれました。

一番気をつけた部分は、やはり仕事の相手ということですので、ただチョコレートをあげるのは学生っぽいなと感じたので、コムサのタオルハンカチとチョコレートがセットになっていて一つ500円程度のものを配りました。

手作りはやはり抵抗を感じる人も多い為購入したものを渡すのが一番でした。 特にお返しを期待していないで、日ごろの感謝の気持ちとして送るには申し分なく、負担に感じさせることがありませんでした。

(翌年は部署変えしたため、若い人が多く手作りお菓子でも抵抗なく食べてもらえましたが、一部手作りが苦手という人もいましたが。)

仕事場でのバレンタインの過ごし方や渡すものの選び方は、いかに相手に負担をかけさせないことかという所と学生との差別化だと思いました。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです