日焼け止めの効果的な塗り方とは?

紫外線はもう、3月ごろから強くなり始めるということをテレビで知りました。ですので、3月頃から、外に出かけるときは常に、日焼け止めを塗るようにしています。

さらに、今の季節では、家に居るときでさえ紫外線はやってきています。日差しに直接あたっていなくても、部屋の中を紫外線が反射して、肌にあたることになります。

なので、今は、朝、まず日焼け止めを塗ってリビングに行き、ご飯を食べ、顔を洗ったら、そのまま日焼け止めを塗る、という感じで、とにかく紫外線に肌が直接当たらないよう気をつきています。

日焼け止めを塗るまでは、カーテンも閉めています。日焼け止めの塗り方も、塗り方次第で、効果が全然違うという事なので、注意が必要です。日焼け止めは、塗るというよりも、肌に叩き込む感じがいいそうです。

そうすることによって、ムラが無くなるということなので、できるだけ、効果が上がるような塗り方を志しています。出かけるときも、日傘とアームカバーをして出かけています。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです