車内での紫外線対策だけでも日焼け具合に差が!!

紫外線は、目から入ってくるだけでも、シミの原因になるということを、テレビで放送されているのを見ました。

紫外線が肌には当たっていなくても、目からの紫外線で肌が黒くなるのは嫌なので、車に乗る時は、サングラスをするようにしています。

色付きのサングラスをする事によって、紫外線を防ぐ事ができるのはもちろん、通常での運転だとまぶしすぎる場面でも、前を見やすく、運転もしやすいです。

車に乗るときは、サングラスの他に、サンバイザーを被って、アームカバーをして、運転をしています。運転をしていると、右側からの日差しのせいで、右ばかりが焼けてきて、顔の右側ばかりにシミが増えてきてしまいました。

なので、これ以上シミを増やさないため、車の中での紫外線対策が大切だと考えています。首もとも、気づくと日差しに当たっているので、ストールを巻いたりして、首の日焼けも防ぐようにしています。

車の中での紫外線対策を行うだけで、日焼け具合が全然違います。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです