紫外線アレルギーの私の日焼け止め対策

20歳を超えたあたりから、紫外線をたくさん浴び続けると湿疹と、発熱が出るようになり、病院へ行ったら紫外線アレルギーだと診断されました。それから、私は紫外線に対して日々対策を取るようになりました。

私は紫外線アレルギーもありますが、もともとアトピーなので肌が弱く、安めの日焼け止めクリームを塗ると湿疹が出るので塗ることができません。

無添加をうたっているような高いクリームなら大丈夫な時もあるのですが、あまり買うことができないので日焼け止めクリームを塗らずに対策をとっています。

外出するときは、UV加工にされている深めの帽子をかぶり、アームカバーをします。もちろん下半身はズボンで素肌がでないように心がけます。

首はタオルやストールで隠します。外出時はこれでもいいのですが、問題は日々の家事の中で布団を干したり、玄関の掃除をしたりちょっとした日焼けです。5分以上腕が日に焼けてしまったときは、水道水で冷やしています。

保冷財を濡れタオルにくるんで巻くというのも効果的です。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです