老化現象の原因のこわい紫外線!日ごろのケアが大事

紫外線と聞くと、春から夏というイメージですが、実は、一年中、気をつけなければいけないもの。

そして、その紫外線が、最も老化現象を引き寄せる原因と言われてます。洗濯を干す時も、少しだけだから大丈夫だと思って、何もつけずに、外に出る。その積み重ねが、しわ、たるみの原因になると考えると、日頃の対策は必要ですよね。

私は、朝、顔を洗い、化粧水、乳液などを塗ったあと、すぐ、日焼け止めクリームを顔、首、腕、足首に塗ります。家の中は安心と思うかもしれませんが、少しずつ紫外線を浴びている可能性があります。

そして、外出する時は、紫外線予報をチェック。これ、意外と役に立ちます!!。

あと、気を付けてあげたいのが、赤ちゃんの紫外線予防。私は子供が小さい時から、外に出る時は、必ずベビー用の日焼け止めクリームを塗るようにしてます。赤ちゃんの肌は薄くてデリケート。

紫外線の強い日、なにもかもつけずに、外出すると、お肌が真っ赤に!!。そこから、肌荒れを起こし病院へ。

先生に、「赤ちゃんも、日焼け止めクリームを塗ってあげたほうがいいです」と言われました。

小さい時から、気を付けていれば、将来は、お肌が綺麗な人になるかも。「時間がないし…、まぁ、いっか」、この気持ちが老化をすすめます。みなさん、紫外線って怖いですよ!

赤ちゃんにも使える日焼け止め製品は?

ママと赤ちゃんの紫外線予防についてです。ある程度の月齢になった赤ちゃんは、積極的なお散歩や外遊びはとても大切です。外の空気に触れることは良いことです。

ですが、これから夏に向けては、紫外線対策をしっかりとする必要があります。赤ちゃんの肌は日焼けに敏感。何もせずに連れ出してはかわいそうです。

まず考えられるのは、日傘やベビーカーのシェードで日射しを遮ることですが、日焼け止めも活用すると良いと思います。その際に注意する点は、赤ちゃんの肌の負担にならないものを使うことです。

日焼け止め製品には『紫外線吸収』タイプのものと、『紫外線反射』タイプのものがあります。前者は肌の上で紫外線を吸収してしまうものです。

化学反応によって紫外線を熱などに変える際に肌へダメージを与える場合もあります。後者は紫外線を反射拡散して肌を守るものです。肌の上で化学反応を起こさないために肌へのダメージは少ないので、赤ちゃんにはこのタイプのものを使うとよいでしょう。

また、専用クレンジングを必要とするような強力な日焼け止めは、肌への負担も大きくなりやすいので、石鹸で落とせる程度の日焼け止めを塗り、日傘を使ったりするのが良いと思います。

ママも赤ちゃんと同じ日焼け止めを使えば、お風呂でも楽に落とせます。日焼け止めは、バッチリ使う日と全く使わない日が無いように、毎日気を付けたいものです。