アレルギー体質で太陽にあたるだけで湿疹?!

赤ちゃんが生まれてから、かなり紫外線を気にするようになりました。というのも、一人目の子が、男のですがアレルギー体質で肌も弱く、太陽に当たると湿疹が出ることもあるからです。

春頃から、外に出る時は必ず低刺激の日焼け止めを塗って出かけるようにしています。私も肌があまり強い方ではないので、同じ日焼け止めを使っています。

私は中学生の頃部活で真っ黒に日焼けしており、その時はまったく紫外線対策をしていなかったので、30歳を過ぎた今、その頃の代償かシミがポツポツと出始めてきてしまいました。

後悔しても過去のことはしかたないので、これ以上増えないように、普段のケアには気をつけています。日焼け止めはもちろんのこと、スキンケアもホワイトニング効果のあるものを使用したりしています。

二人目は女の子ですが、同じようになってほしくないので、肌は強いですが、毎日日焼け止めを使用させています。

今は幼稚園生なので何もわからず塗られているだけですが、もう少し大きくなったら、紫外線の怖さをしっかりと教えようと思っています。曇りの日でも紫外線はあるので、冬以外は基本的には日焼け止めを使用しています。

子どもの日焼け止め対策

私自身、若い時は紫外線などあまり気にしませんでしたが、年々気にしだすようになりました。一番のきっかけは、出産してからです。私は30代ですが昔は今ほど紫外線がどうこうと言っていなかったように思います。

しかし現在は紫外線の量が年々増えている状況で、子供にとっては大人よりたくさん浴びる状況です。赤ちゃんの頃は、できるだけ日が昇る前に散歩したり、夕方日陰のところで気分転換に遊んだりしていました。

幼児期になってからは、日焼け止めと帽子の着用、そのうえで私の日傘で影を作ってみたりしていました。

私自身は肌が弱いので、日焼け止めを毎回使用することが難しかったので、日傘とカーディガンか、日よけグローブ?をしていました。紫外線は午前10時ぐらいから増え始めて、午後2?3時にはピークになると聞いていたので、その時間はできるだけ外にはいかないようにしていました。

車に乗るときは運転席や助手席は透過性の問題で、対策はなかなかできなかったのですが、チャイルドシートは後部座席だったので、両方の窓に開閉できるカーテンを付けて、日差しが強い時にはカーテンをして対策していました。

日焼け止めの効果的な塗り方とは?

紫外線はもう、3月ごろから強くなり始めるということをテレビで知りました。ですので、3月頃から、外に出かけるときは常に、日焼け止めを塗るようにしています。

さらに、今の季節では、家に居るときでさえ紫外線はやってきています。日差しに直接あたっていなくても、部屋の中を紫外線が反射して、肌にあたることになります。

なので、今は、朝、まず日焼け止めを塗ってリビングに行き、ご飯を食べ、顔を洗ったら、そのまま日焼け止めを塗る、という感じで、とにかく紫外線に肌が直接当たらないよう気をつきています。

日焼け止めを塗るまでは、カーテンも閉めています。日焼け止めの塗り方も、塗り方次第で、効果が全然違うという事なので、注意が必要です。日焼け止めは、塗るというよりも、肌に叩き込む感じがいいそうです。

そうすることによって、ムラが無くなるということなので、できるだけ、効果が上がるような塗り方を志しています。出かけるときも、日傘とアームカバーをして出かけています。

日常生活での日焼け対策も大事!

私が気をつけているのは「日焼け止めを塗らないで外に出ないこと」と「目の紫外線対策」です。まず顔はもちろん日焼け止め成分入りの乳液をつけて、それ以外の箇所には日焼け止めを必ず塗ります。

専業主婦なので外に出ることはそんなにないのですが、洗濯物を干すのにベランダに出ますよね!ゴミ出しや車に乗ってるかもしれないけどスーパーに買い物、とちょこちょこ紫外線を浴びることはあるので気を抜かずケアすることを気をつけています。

もうひとつは、日差しが強い日はサングラスをかけること。昔雑誌の記事で目も日焼けするということを読んで知ってから気をつけるようにしています。

まだ若いと何も気にせず外に出たい気持ちもあるんですが、やっぱり夏になると脚や腕を露出した格好をしたいと思います。そういう格好をするならやっぱり紫外線を直接うけないようにしないといけないと思います。

今はそれで灼けてよくてももう少し大人の女性になった時に後悔はしたくないですよね。たった少しの事で将来が変わると思うので今から紫外線対策はばっちりしていこうと思います。

ヘルペスの原因は紫外線?!

小さい時から高校の時まで夏は毎年プールや海で真っ黒でした。たぶん今ほど紫外線が強くなかった気がします。

私はもともとヘルペス持ちで夏の終わりになると必ず目や鼻にぷつぷつとヘルペスが出来てしまい新学期が憂鬱でした。高校時代は体育科ということもあり毎日プール授業で日焼け止めも禁止だったので本当に真っ黒でした。

大人になってかは分かったのですが、ヘルペスの原因は強い紫外線でした。本当に衝撃的でなぜ今まで病院の先生は教えてくれなかったのかそれを知っていればあんなに痛く憂鬱な思いをせずに済んだのにと無念の気持ちです。

出産してから体質が代わり今まで大丈夫だった日焼けも真っ赤になって痛みと痒みが出るので今では1年中日焼け止めを塗る&持ち歩く生活になりました。

子供も早いうちから対策していて公園へ行く時には帽子と日焼け止め、日よけの為のUV加工のテントなど昔とは違いだいぶ意識するようになりました。

今年は子供は目線が低くアスファルトの照り返しが目に良くないと聞いたので6歳の子にはサングラスを購入しました。下はまだ1歳なのでベビーカーや車に乗せる時は日よけを活用したりしています。

結婚式前の私の日焼け止め対策

【結婚式の前にしていた私の日焼け止め対策】

私の結婚式は9月でした。仕事の都合上、夏場に炎天下に出ることもあったので、その年の日焼け止め対策は徹底して頑張ったと思います。まず、通勤は必ず日焼け防止用のアームカバーを付けて、日傘を差して通勤。

首も暑かったけどストールを巻いていました。仕事中は制服なので、日に当たる可能性のあるところは2時間置きに日焼け止めを塗りなおす。首とデコルテ部分はドレスで隠れないので、徹底的に塗りました。

また、落としきれずに肌荒れするのも怖かったので、顔用のクレンジングオイルを惜しげなく使ってしっかり落とす。さらにそれで乾燥しないようにたっぷりと保湿もしました。

制服は夏でも長袖にして、さらにその下にUVカット生地の肌着(長袖)を着用。下半身はドレスで隠れるのと、制服が長ズボンだったので特に何もせず。サンダルだけは焼けないようにやめて、スニーカーと靴下で乗り切りました。おかげで9月挙式なのに日焼け一切無しでした。

 

【子供の日焼け止め対策について】

現在2歳の女の子を育てています。赤ちゃんの肌はとても薄く、紫外線の影響を受けやすいと聞いたので、夏場でもUVカット用の薄手のケープを常に身につけて、さらに日傘を差して抱っこしていました。

日焼け止めも検討しましたが、汗をかきやすい時期にべたつくのが嫌だったのと、お風呂できちんと落とせるのかが心配だったので、1歳になるまでは使っていません。また、紫外線が強い時間帯に外で遊ばせるのは避けたいのですが、2歳になるとかなり自我が出てきて思うようにいかないのが現状です。

そんな時は帽子をかぶせて日焼け止めを塗って対策をしています。

正しい紫外線対策の方法!日焼け止め製品の選び方とは

これからの季節は、服装は薄着で肌の露出が増えますが、日射しは強くなり紫外線対策が欠かせません。
紫外線対策を怠ると、秋以降の肌さらには数年後の肌年齢に影響が出ると思われます。

 

人によっては肌を出さない服装を心がけていらっしゃるようですが、私は熱がこもるようで長袖や手袋の着用はできません。

代わりにできることは、やはり日焼け止め化粧品の活用です。
日焼け止め、美白の化粧品は数多く出ているので、自分に合ったものをうまく使うことが大切だと思います。

 

日焼け止め対策の基本もまずは洗顔などで肌をきれいにする事。
それから美白化粧水での保湿。肌の状態を整えた上で日焼け止めを塗ります。
日焼け止め製品もいろんな種類があるので、出掛ける先に合わせて使い分けるのが良いです。

 

普段の生活においての「うっかり日焼け」防止には、紫外線拡散作用のある成分を含む化粧水と、洗顔料や石鹸で楽に落とせる日焼け止めを。さっぱりとした使い心地のジェルやミルクが良いと思います。

 

強い日射しの中に長時間居る場合は、UV数値の高いものを重ね付けして、途中で塗り直しをします。
また、クレンジングも大切なので、日焼け止めをきちんと落としてから肌のお手入れをするようにしています。

赤ちゃんにも使える日焼け止め製品は?

ママと赤ちゃんの紫外線予防についてです。ある程度の月齢になった赤ちゃんは、積極的なお散歩や外遊びはとても大切です。外の空気に触れることは良いことです。

ですが、これから夏に向けては、紫外線対策をしっかりとする必要があります。赤ちゃんの肌は日焼けに敏感。何もせずに連れ出してはかわいそうです。

まず考えられるのは、日傘やベビーカーのシェードで日射しを遮ることですが、日焼け止めも活用すると良いと思います。その際に注意する点は、赤ちゃんの肌の負担にならないものを使うことです。

日焼け止め製品には『紫外線吸収』タイプのものと、『紫外線反射』タイプのものがあります。前者は肌の上で紫外線を吸収してしまうものです。

化学反応によって紫外線を熱などに変える際に肌へダメージを与える場合もあります。後者は紫外線を反射拡散して肌を守るものです。肌の上で化学反応を起こさないために肌へのダメージは少ないので、赤ちゃんにはこのタイプのものを使うとよいでしょう。

また、専用クレンジングを必要とするような強力な日焼け止めは、肌への負担も大きくなりやすいので、石鹸で落とせる程度の日焼け止めを塗り、日傘を使ったりするのが良いと思います。

ママも赤ちゃんと同じ日焼け止めを使えば、お風呂でも楽に落とせます。日焼け止めは、バッチリ使う日と全く使わない日が無いように、毎日気を付けたいものです。

怖い!紫外線はシワやシミ、肌の弾力を失わせる原因?!

紫外線が肌の弾力を失わせ、シワやシミを増やすので、年を重ねるにつれて、絶対に紫外線に当たらないように気をつけるようになりました。最近では、夜にお肌のお手入れをして眠り、朝起きたら、リビングに行く前に、必ず日焼け止めを塗ってから、リビングに行くようにしています。

家の中に居ても、紫外線が届いていますし、直接日に当たっていないと思っていても、知らないうちに焼けてきている事が良くあります。なので、家の中でも顔や首、腕などには日焼け止めを塗るようにしています。

また、手の甲は、日焼け止めを塗っても、手を洗ったり、食器洗いなどをすると、すぐに日焼け止めが取れてしまいます。なので、外に出るときは、手の甲が日に焼けないように、アームカバーをして外に出るようにしています。

また、車に乗るときも、紫外線がどんどん当たるので、サングラスをし、目に紫外線が当たるのを防いでいます。車に乗るときは、手がかなり日に焼けるので、アームカバーは必需品です。

怖い!夏の時期だけの紫外線対策はあとで手遅れ?!

寒い冬が終わるのは嬉しいけれど、暖かくなってくると何かと気になってくるのは紫外線です。5~9月の紫外線量は、冬の時期に比べてぐっと高くなるのはご存知でしょうか?

夏の時期だけ紫外線対策をしていては、気づいた時には手遅れなんて怖いことも。意外と、春先の紫外線量も多いものなんです。

特に私は、日焼けをすると黒くならずに、赤くなりシミ・そばかすとなる肌なので、これ以上シミ・そばかすを増やさないためにも、これからの時期、紫外線予防は念入りにやらなくてはいけません。

そんな私が気を付けている紫外線予防をご紹介します。紫外線量が最も多い時間帯は、日中10~14時の間です。

この時間帯に、1日の紫外線量の50%が降り注ぐので、日焼け止めで紫外線予防を念入りにやります。紫外線予防として日焼け止めを使っている方は多いと思いますが、大部分の人が充分な量を塗れていないそうなんです。

多すぎるかな、という量をたっぷり万遍なくムラなく塗りましょう。意外と落とし穴なのが、「外出しないから」「日差しが出ていない曇りや雨の日だから」「日陰だから」といって日焼け止めを塗らないこと。

外出しなくても、洗濯物を干したりゴミ出しをしたり日当たりの良い部屋にいたりすると、紫外線は結構浴びているものです。

日陰や天気の悪い日でも、晴天時と比べて30~60%の紫外線量はあるんです。常に日焼け止めを塗り、朝塗ったから大丈夫と油断せず、こまめに何度も塗り直しましょう。

他に気を付けていることは、とにかく紫外線に当たらないことです。外にいる時は、帽子や日傘を使用し、出来る限り日陰にいること。

首や手なども気づいたら焼けていた!なんてこともあるので、UVカットのロング手袋やストールなどで、首や腕を紫外線から守っています。

しかしいくら紫外線予防をしても、浴びてしまうのは仕方のないことです。紫外線を浴びてしまった後のケアも大事にしています。日焼けをしたな、と思った日は、帰宅後すぐ洗顔し、保湿などのケアをすぐやります。

日焼け後の保湿ケアは、とても大事だそうです。これからの季節、強い紫外線は避けられないものです。しっかり対策をして、日焼けを予防しお肌を守りましょう!