驚き!紫外線が最も強い季節は?

紫外線。昔は日焼けした小麦色の素肌はセクシーとか健康的とか思っていて、太陽にあたり放題でした。紫外線、そんな単語、全く考えもしていませんでした。でも、シミやソバカスの素になるとか言われると、さすがに気にするようになりました。

皮膚科の先生に言われてびっくりしたのは、紫外線がもっとも強いのは、太陽カンカン照りの真夏ではなく、春だということ。また、先生からは、曇っていても紫外線はあるのだから1年中日焼け止めをぬったほうがいいとアドバイスを受けました。

春夏でけじゃなく、1年中?っとこれまたびっくりでした。今では、日焼け止めを塗るのはもちろんですが、外出のときには、薄いカーデガンを羽織り、陽射しをカットしています。

そして、健康系のテレビで、紫外線は目からも入ってくるという話をきいて、UVカットのサングラスもかけるようにしています。昔はサングラスなんてオシャレでかけるものとばかり思ってました。

そして、身体に入ってしまった紫外線がシミやソバカスにならないように、フルーツなど積極的にたべてビタミンCをとるようにしています。