車内での紫外線対策だけでも日焼け具合に差が!!

紫外線は、目から入ってくるだけでも、シミの原因になるということを、テレビで放送されているのを見ました。

紫外線が肌には当たっていなくても、目からの紫外線で肌が黒くなるのは嫌なので、車に乗る時は、サングラスをするようにしています。

色付きのサングラスをする事によって、紫外線を防ぐ事ができるのはもちろん、通常での運転だとまぶしすぎる場面でも、前を見やすく、運転もしやすいです。

車に乗るときは、サングラスの他に、サンバイザーを被って、アームカバーをして、運転をしています。運転をしていると、右側からの日差しのせいで、右ばかりが焼けてきて、顔の右側ばかりにシミが増えてきてしまいました。

なので、これ以上シミを増やさないため、車の中での紫外線対策が大切だと考えています。首もとも、気づくと日差しに当たっているので、ストールを巻いたりして、首の日焼けも防ぐようにしています。

車の中での紫外線対策を行うだけで、日焼け具合が全然違います。

目が日焼けで茶色に!こわい紫外線!

紫外線対策として、春夏秋冬関係なく日焼け止めを塗るなどはしていますが、とくに紫外線が強い夏場には対策を徹底します。

昔の私は、どちらかというと紫外線も気にせず、対策もとくにすることなく、肌の色も黒いほうでした。

学生時代のある夏の日、友人と海水浴にでかけました。午前中から思いっきり遊んでいたせいか、午後にはぐったり疲れきってしまったので、友人と休憩することにして、海からあがりました。砂浜に寝転がり、会話を楽しんでいたのですが気付いたら友人を含め、私も真夏の太陽の下で眠っていました。

あまりの暑さに目が覚め、時計を見ると一時間ほどたっていました。その日はもう帰宅することにしたのですが、家に帰ってからしばらくして、日に焼けた肌が真っ赤に腫れ上がり、激痛で立ち上がることもできなくなり、目もひどく充血してしまいました。

鏡を見ると、黒い目だったはずの自分の目が茶色になっており、その時初めて目も焼けるということを知りました。

あの時、紫外線を浴びすぎたせいで、着替えるときもお風呂に入るときも、激痛で日常生活もまともに出来なくなりました。

幸い、学生で夏休みの期間でしたので、家でゆっくり休むことができたのですが、痛みと腫れがひくまでに3日かかりました。そして、腫れがひいた自分の肌を見ると、黒いシミが大量にできていました。

まだ若かったので、シミのことなんか気にしたこともなく自分とは無縁のことだと思っていたので大きなショックを受けました。

その日からこれ以上シミを増やさないように、将来綺麗な肌でいれるように努力しようと決意しました。日焼け止めは毎日塗り、日中こまめに塗り直す。紫外線が強い日はサングラス、日傘、帽子を忘れない。

外を歩くときはなるべく日陰を歩くなどで、紫外線を浴びないようにしています。今の私の肌は、年中色白です。あの日の出来事からもう10年近くたちますが、大量にできたシミはまだ残っています。

紫外線は強い弱いに関係なく、浴びすぎてはいけないということが身に染みてわかった体験でした。

ショック!10代でおばあちゃんのようなシミが?!

私が子供の頃は紫外線に対する意識が低く、日焼け止めなどはほとんど塗ったことがありませんでした。忘れもしません、まだ19歳なのに手の甲におばあちゃんのようなシミが出来たのです。

自分では気づきませんでしたが、手にしみができやすい体質なのかもしれません。しかし、それまで、そばかすが出来やすいな私が子供の頃は紫外線に対する意識が低く、日焼け止めなどはほとんど塗ったことがありませんでした。

忘れもしません、まだ19歳なのに手の甲におばあちゃんのようなシミが出来たのです。自分では気づきませんでしたが、手にしみができやすい体質なのかもしれません。

しかし、それまで、そばかすが出来やすいなどということもなかったので、とてもショックを受けました。それ以来、真冬でも日焼け止めは欠かせません。化粧水や乳液もホワイトニングをうたった商品を選んでいます。以前、「シミが消える」というクリームをしばらく愛用していたことがありました。

そのクリームを使っていた間は、シミが薄くなるのはもちろん、その効果が嬉しくてついでに顔全体に伸ばして使っていました。その年の夏はいつもの夏と違って、全く日焼けしなかったのを覚えています。

しかしながら、ずっと使っているとそれが当たり前になっていました。ある時、クリームを切らしてしまい、新しいのを買いに行くのを忘れて、しばらく使わない期間が出来ました。

すると驚いたことに、今まで抑え込んでいたシミが出てきたかのように、たくさんシミが出始めたのです。母には、「もっとちゃんと日焼け止め塗らないとだめだよ」と注意されましたが、シミを消すクリームをやめた以外は、ちゃんと日焼け止めを塗ったり、ホワイトニング効果のある化粧品を使い続けていたので、わたしの普段のケアを続けていたら、あんな風に急にたくさんシミが出来る筈はないと思いました。加齢などによって自然に増えたのとは違う異常な増え方だったのです。

シミを消すクリームは、もとからシミを消していたのではなく、クリームを塗っている間だけ表面に出てこないだけなんだな、と思いました。それならば、シミが一気に出てきて目立つよりは、普通に徐々に出てきて、それに対して普段から対処している方がいいな、と思いました。

そのシミを消すクリームを絶え間なくずっと使い続けるなら、それでもいいのかもしれませんが、あとからどっとシミが出た時はとても目立ちます。急激にたくさん出たシミは、一年くらいかけて落ち着いてきました。

完全に元には戻りませんでしたが、若いころにため込んだ紫外線もありますし、このくらいは仕方ないのかな、と思っています。