老化現象の原因のこわい紫外線!日ごろのケアが大事

紫外線と聞くと、春から夏というイメージですが、実は、一年中、気をつけなければいけないもの。

そして、その紫外線が、最も老化現象を引き寄せる原因と言われてます。洗濯を干す時も、少しだけだから大丈夫だと思って、何もつけずに、外に出る。その積み重ねが、しわ、たるみの原因になると考えると、日頃の対策は必要ですよね。

私は、朝、顔を洗い、化粧水、乳液などを塗ったあと、すぐ、日焼け止めクリームを顔、首、腕、足首に塗ります。家の中は安心と思うかもしれませんが、少しずつ紫外線を浴びている可能性があります。

そして、外出する時は、紫外線予報をチェック。これ、意外と役に立ちます!!。

あと、気を付けてあげたいのが、赤ちゃんの紫外線予防。私は子供が小さい時から、外に出る時は、必ずベビー用の日焼け止めクリームを塗るようにしてます。赤ちゃんの肌は薄くてデリケート。

紫外線の強い日、なにもかもつけずに、外出すると、お肌が真っ赤に!!。そこから、肌荒れを起こし病院へ。

先生に、「赤ちゃんも、日焼け止めクリームを塗ってあげたほうがいいです」と言われました。

小さい時から、気を付けていれば、将来は、お肌が綺麗な人になるかも。「時間がないし…、まぁ、いっか」、この気持ちが老化をすすめます。みなさん、紫外線って怖いですよ!

正しい紫外線対策の方法!日焼け止め製品の選び方とは

これからの季節は、服装は薄着で肌の露出が増えますが、日射しは強くなり紫外線対策が欠かせません。
紫外線対策を怠ると、秋以降の肌さらには数年後の肌年齢に影響が出ると思われます。

 

人によっては肌を出さない服装を心がけていらっしゃるようですが、私は熱がこもるようで長袖や手袋の着用はできません。

代わりにできることは、やはり日焼け止め化粧品の活用です。
日焼け止め、美白の化粧品は数多く出ているので、自分に合ったものをうまく使うことが大切だと思います。

 

日焼け止め対策の基本もまずは洗顔などで肌をきれいにする事。
それから美白化粧水での保湿。肌の状態を整えた上で日焼け止めを塗ります。
日焼け止め製品もいろんな種類があるので、出掛ける先に合わせて使い分けるのが良いです。

 

普段の生活においての「うっかり日焼け」防止には、紫外線拡散作用のある成分を含む化粧水と、洗顔料や石鹸で楽に落とせる日焼け止めを。さっぱりとした使い心地のジェルやミルクが良いと思います。

 

強い日射しの中に長時間居る場合は、UV数値の高いものを重ね付けして、途中で塗り直しをします。
また、クレンジングも大切なので、日焼け止めをきちんと落としてから肌のお手入れをするようにしています。

赤ちゃんにも使える日焼け止め製品は?

ママと赤ちゃんの紫外線予防についてです。ある程度の月齢になった赤ちゃんは、積極的なお散歩や外遊びはとても大切です。外の空気に触れることは良いことです。

ですが、これから夏に向けては、紫外線対策をしっかりとする必要があります。赤ちゃんの肌は日焼けに敏感。何もせずに連れ出してはかわいそうです。

まず考えられるのは、日傘やベビーカーのシェードで日射しを遮ることですが、日焼け止めも活用すると良いと思います。その際に注意する点は、赤ちゃんの肌の負担にならないものを使うことです。

日焼け止め製品には『紫外線吸収』タイプのものと、『紫外線反射』タイプのものがあります。前者は肌の上で紫外線を吸収してしまうものです。

化学反応によって紫外線を熱などに変える際に肌へダメージを与える場合もあります。後者は紫外線を反射拡散して肌を守るものです。肌の上で化学反応を起こさないために肌へのダメージは少ないので、赤ちゃんにはこのタイプのものを使うとよいでしょう。

また、専用クレンジングを必要とするような強力な日焼け止めは、肌への負担も大きくなりやすいので、石鹸で落とせる程度の日焼け止めを塗り、日傘を使ったりするのが良いと思います。

ママも赤ちゃんと同じ日焼け止めを使えば、お風呂でも楽に落とせます。日焼け止めは、バッチリ使う日と全く使わない日が無いように、毎日気を付けたいものです。

紫外線がもっとも強い季節と時間は?

学生時代に海でライフセーバーの仕事をしていました。その時に学んだ事は、7月や8月の夏季よりも6月が一番紫外線が強いということ。そして、時間帯は14時から2時間程度が一番紫外線が強いということです。

特に盲点になりやすい6月は要注意です。まだそんなに暑くないからとか今日は曇っているからと安心してはいけないということ。あまり知らない人も多いのではないでしょうか。

目から入る紫外線が日焼けを誘発するどいうことをよく耳にするので、サングラスをかけ予防しています。日傘や帽子をその状況で使い分け日焼け対策をしています。

日焼け止めはあまりあてにはならないといいますがしないよりはマシです。どんなに注意していても、それでも日焼け止する事はあります。日焼け対策も大切ですが、日焼け後のケアも重要視しています。

寝る前のケアに、時々サンプルで化粧品屋さんからもらうホワイトニング美容液をここぞとばかりに使っています。笑でも、私が一番大切だと思っているのは日焼け直後の顔や日焼け部分の体温。

日焼けした直後にきちんと体温を下げないと肌が認識してしまい日焼けすると聞いたので、必ずアイスノンで火照った部分を冷やします。皮膚体温をきちんと戻すことを心がけています。

怖い!紫外線はシワやシミ、肌の弾力を失わせる原因?!

紫外線が肌の弾力を失わせ、シワやシミを増やすので、年を重ねるにつれて、絶対に紫外線に当たらないように気をつけるようになりました。最近では、夜にお肌のお手入れをして眠り、朝起きたら、リビングに行く前に、必ず日焼け止めを塗ってから、リビングに行くようにしています。

家の中に居ても、紫外線が届いていますし、直接日に当たっていないと思っていても、知らないうちに焼けてきている事が良くあります。なので、家の中でも顔や首、腕などには日焼け止めを塗るようにしています。

また、手の甲は、日焼け止めを塗っても、手を洗ったり、食器洗いなどをすると、すぐに日焼け止めが取れてしまいます。なので、外に出るときは、手の甲が日に焼けないように、アームカバーをして外に出るようにしています。

また、車に乗るときも、紫外線がどんどん当たるので、サングラスをし、目に紫外線が当たるのを防いでいます。車に乗るときは、手がかなり日に焼けるので、アームカバーは必需品です。

怖い!夏の時期だけの紫外線対策はあとで手遅れ?!

寒い冬が終わるのは嬉しいけれど、暖かくなってくると何かと気になってくるのは紫外線です。5~9月の紫外線量は、冬の時期に比べてぐっと高くなるのはご存知でしょうか?

夏の時期だけ紫外線対策をしていては、気づいた時には手遅れなんて怖いことも。意外と、春先の紫外線量も多いものなんです。

特に私は、日焼けをすると黒くならずに、赤くなりシミ・そばかすとなる肌なので、これ以上シミ・そばかすを増やさないためにも、これからの時期、紫外線予防は念入りにやらなくてはいけません。

そんな私が気を付けている紫外線予防をご紹介します。紫外線量が最も多い時間帯は、日中10~14時の間です。

この時間帯に、1日の紫外線量の50%が降り注ぐので、日焼け止めで紫外線予防を念入りにやります。紫外線予防として日焼け止めを使っている方は多いと思いますが、大部分の人が充分な量を塗れていないそうなんです。

多すぎるかな、という量をたっぷり万遍なくムラなく塗りましょう。意外と落とし穴なのが、「外出しないから」「日差しが出ていない曇りや雨の日だから」「日陰だから」といって日焼け止めを塗らないこと。

外出しなくても、洗濯物を干したりゴミ出しをしたり日当たりの良い部屋にいたりすると、紫外線は結構浴びているものです。

日陰や天気の悪い日でも、晴天時と比べて30~60%の紫外線量はあるんです。常に日焼け止めを塗り、朝塗ったから大丈夫と油断せず、こまめに何度も塗り直しましょう。

他に気を付けていることは、とにかく紫外線に当たらないことです。外にいる時は、帽子や日傘を使用し、出来る限り日陰にいること。

首や手なども気づいたら焼けていた!なんてこともあるので、UVカットのロング手袋やストールなどで、首や腕を紫外線から守っています。

しかしいくら紫外線予防をしても、浴びてしまうのは仕方のないことです。紫外線を浴びてしまった後のケアも大事にしています。日焼けをしたな、と思った日は、帰宅後すぐ洗顔し、保湿などのケアをすぐやります。

日焼け後の保湿ケアは、とても大事だそうです。これからの季節、強い紫外線は避けられないものです。しっかり対策をして、日焼けを予防しお肌を守りましょう!

ショック!10代でおばあちゃんのようなシミが?!

私が子供の頃は紫外線に対する意識が低く、日焼け止めなどはほとんど塗ったことがありませんでした。忘れもしません、まだ19歳なのに手の甲におばあちゃんのようなシミが出来たのです。

自分では気づきませんでしたが、手にしみができやすい体質なのかもしれません。しかし、それまで、そばかすが出来やすいな私が子供の頃は紫外線に対する意識が低く、日焼け止めなどはほとんど塗ったことがありませんでした。

忘れもしません、まだ19歳なのに手の甲におばあちゃんのようなシミが出来たのです。自分では気づきませんでしたが、手にしみができやすい体質なのかもしれません。

しかし、それまで、そばかすが出来やすいなどということもなかったので、とてもショックを受けました。それ以来、真冬でも日焼け止めは欠かせません。化粧水や乳液もホワイトニングをうたった商品を選んでいます。以前、「シミが消える」というクリームをしばらく愛用していたことがありました。

そのクリームを使っていた間は、シミが薄くなるのはもちろん、その効果が嬉しくてついでに顔全体に伸ばして使っていました。その年の夏はいつもの夏と違って、全く日焼けしなかったのを覚えています。

しかしながら、ずっと使っているとそれが当たり前になっていました。ある時、クリームを切らしてしまい、新しいのを買いに行くのを忘れて、しばらく使わない期間が出来ました。

すると驚いたことに、今まで抑え込んでいたシミが出てきたかのように、たくさんシミが出始めたのです。母には、「もっとちゃんと日焼け止め塗らないとだめだよ」と注意されましたが、シミを消すクリームをやめた以外は、ちゃんと日焼け止めを塗ったり、ホワイトニング効果のある化粧品を使い続けていたので、わたしの普段のケアを続けていたら、あんな風に急にたくさんシミが出来る筈はないと思いました。加齢などによって自然に増えたのとは違う異常な増え方だったのです。

シミを消すクリームは、もとからシミを消していたのではなく、クリームを塗っている間だけ表面に出てこないだけなんだな、と思いました。それならば、シミが一気に出てきて目立つよりは、普通に徐々に出てきて、それに対して普段から対処している方がいいな、と思いました。

そのシミを消すクリームを絶え間なくずっと使い続けるなら、それでもいいのかもしれませんが、あとからどっとシミが出た時はとても目立ちます。急激にたくさん出たシミは、一年くらいかけて落ち着いてきました。

完全に元には戻りませんでしたが、若いころにため込んだ紫外線もありますし、このくらいは仕方ないのかな、と思っています。

驚き!紫外線が最も強い季節は?

紫外線。昔は日焼けした小麦色の素肌はセクシーとか健康的とか思っていて、太陽にあたり放題でした。紫外線、そんな単語、全く考えもしていませんでした。でも、シミやソバカスの素になるとか言われると、さすがに気にするようになりました。

皮膚科の先生に言われてびっくりしたのは、紫外線がもっとも強いのは、太陽カンカン照りの真夏ではなく、春だということ。また、先生からは、曇っていても紫外線はあるのだから1年中日焼け止めをぬったほうがいいとアドバイスを受けました。

春夏でけじゃなく、1年中?っとこれまたびっくりでした。今では、日焼け止めを塗るのはもちろんですが、外出のときには、薄いカーデガンを羽織り、陽射しをカットしています。

そして、健康系のテレビで、紫外線は目からも入ってくるという話をきいて、UVカットのサングラスもかけるようにしています。昔はサングラスなんてオシャレでかけるものとばかり思ってました。

そして、身体に入ってしまった紫外線がシミやソバカスにならないように、フルーツなど積極的にたべてビタミンCをとるようにしています。

目の紫外線対策で日焼けのスピードが遅くなった?!

子育てをするようになってから、よく日焼けするようになりました。幼稚園のころは子どもの送り迎えに、公園遊び、小学生になってからはスポーツのお当番で一日中外にいたりと、とても日に焼けやすい環境になりました。

もちろん日焼け止めを塗るように心がけるのですが、それでも汗をかくと流れてしまい焼けてしまいます。ですので、気が付いたときにこまめに塗り直すようにしています。

あと、数年前ですが、ある時テレビで、目に紫外線を浴びることでも肌が焼けやすくなるという情報を耳にしました。

それまで日焼け止めクリームを塗る、帽子や日傘で日除けするなどの対策はしていましたが、目の紫外線対策はしておらず紫外線を浴び放題でした。

それ以来出掛ける時はなるべくサングラスをかけるなど、気をつけるようになりました。

その年以来、心なしか日焼けのスピードが遅くなったような気もします。一度シミが出来てしまうとなかなか元に戻すことは出来ません。なるべく、紫外線を防いで綺麗な肌を保てるように心がけたいです。

私の紫外線防止対策で眼への刺激も軽減!

 初夏の頃を迎えると急に陽射しも強くなり肌がその変化についてゆけずヒリヒリ感を覚えることもあるようです。紫外線の強い時間帯は10時?14時くらいとの目安もあるようです。

その時間帯はなおのこと日焼け防止にも努めています。できることとしては車の運転時には市販の手袋を着用したり 戸外に出るときは帽子を着用したり日傘をさしたり。

紫外線防止の日焼け止め下地クリームなどはメイク時に必須にしています。うっかりしてしまうのが首周りの予防。春夏場の子供の行事などで帽子は着用していたものの首まわりのクリームなどの塗り忘れから終了後赤くなってしまった経験から以降タオルをまいたりクリームを塗ることを忘れないように気をつけています。

あと海水浴などでは忘れないものですが半ズボンなどを着用した際 足?ふくらはぎの塗り忘れから同じく赤くなってしまったこともありました。同じく少し長めの戸外での活動時には塗り忘れのないように心がけています。

 最近は陽射しもことに強く海水浴等のレジャーの場でなくとも 少しの戸外活動にも細やかなケアも必要なようです。日中の紫外線の強い時間帯以外にも半そでなどの着用が主となる夏場にかけては 朝の段階で腕や首などにも日焼け止めクリームを塗っています。

ふと洗濯を干した際 庭に出た際 ちょっとした時間ですが その積み重ねにも肌がダメージを受けないよう気を配っています。

庭仕事などでは大きな帽子なども1つ用意していると暑さもいくらかしのげ 日焼け防止にも効果があるようで出入りする窓付近においておくと なお忘れずその都度取りに行く手間もはぶけ、かぶる習慣もついています。

 また眼の紫外線対策として有効だと思うのはことに運転時においてですが UVカットされているサングラスをかけると陽射しとうからも刺激が和らぎ 運転時に眼の軽い痛みのような刺激を感じることも少なくなりました。