大好きな祖父母の家に泊まりに行った夏休みの思い出

子供の頃から夏休みは決まって島根県にある祖父母宅に行くことが定番でした。私が住む滋賀からは新幹線と特急を乗り継ぎ半日以上かかるし、まだまだ高速道路がそこまで整備されていなかったので、車では早朝にでても到着するのは深夜でした。

今思えば、運転する両親はとても大変だっただろうなと思いますが子供の私や兄弟にとってはその道のりもとても楽しかったです。

長いドライブで聞いた音楽、当時はカセットテープでしたが繰り返し聞いていた音楽は今でも歌えるくらい憶えていて、その曲を聞くと今でも夏休みの祖父母宅に行った思い出を思い出します。

祖父母宅では一年に2回ほどしか会えない私たちに、祖父母はとても優しく、オヤツやオモチャ好きなものをなんでも買ってもらい、田んぼを走ったり川遊びができる祖父母宅での生活は楽しくて祖父母が大好きで、仕事がある為数日で帰る両親に、帰りたくない!と言い、兄弟だけで居残り夏休みぎりぎりまで帰らなかった事もあります。

祖母宅の周りにはお店もゲーム機械なども何も無かったけれど、ただただ楽しかったです。

あれから20年以上の月日が経ちましたが、今でも祖父母が大好きで、今では私の主人や子供を連れて祖父母宅に行きます。

今では車で6時間で行けるようになりましたが、もっと近ければもっと会えるのになー。と思います。そう思うのもあの楽しかった夏休みの思い出があるからこそだと思います。