戦争に関することに触れた貴重な家族旅行

夏休みに家族旅行で広島に行きました。主人が子供に原爆ドームを見て、平和記念資料館に行って、何か思ったり、感じたりしてもらえればと思っていたようで、いつか連れていきたいと思っていたようで、子供が中1の夏休みに行ってきました。

車で5時間ちょっとかかったのではないかと思います。広島市内はとても都会でした。路面電車が走っていて、主人が、路面電車の信号と車の信号が分からないと運転するのにちょっと困って焦っていました。

まずはホテルに行き、チェックインをしてから原爆ドームと平和資料館に行きました。ホテルから車で10分ぐらいのところにありました。

駐車場に車を止めて歩いていると、原爆ドームが見えました。なんだか言いようのない気持ちになりました。

周りを見ると、緑があり、川があり、綺麗な町並みなのに、原爆ドームだけ戦争のあった時代にタイムスリップしていて、ひしひしと本当にあった出来事なんだと実感させられました。

それから平和記念資料館に行きました。中を見て感じたことは、戦争の悲惨さ、もう2度と戦争はしてはいけないということを改めて痛感しました。

とにかく胸が痛む資料ばかりで悲しくなりました。子供には特に何も聞かなかったですが、何か感じてもらえたと思いました。テレビや教科書だけでは分からないこともあったと思うので、行ってよかったと思いました。

あくる日は、大和ミュージアムに行きました。ここでも戦争に関することに触れることができます。大和ミュージアムには、戦艦大和を10分の1のサイズで作られたものが展示してあります。

これは素晴らしかったです。主人と子供はこの資料館で、かなりじっくり資料を見て、読んでをしていました。主人は広島に行ったことがありましたが、私と子供は初めてだったので、とても貴重な家族旅行ができたと思いました。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです