一睡もできないほど楽しかったキャンプ

夏の思い出と言えばキャンプに友人と一緒に行った時のことを思い出します。夏のキャンプはすごく楽しかったです。夜遅くまでずっと起きていました。そしてそのキャンプは、グループ制で他にもたくさんの人が来ていました。

キャンプ場のすぐ傍にある大勢で囲んだキャンプファイヤーの炎がとても綺麗で華々しかった記憶が今でもしっかりと残っています。

夜中になって真っ暗になった時に、殆どの人がまだ眠れなくて(大勢でのキャンプで楽しくて気分が浮かれてしまって寝付けなかったのでしょう)たくさんの人がキャンプ会場周辺の森や林の周辺やすぐ近くのお祭り広場やキャンプファイヤーの付近で立ちすくんで誰かとお喋りしたり、楽しそうに騒いだり、その場に座り込んでボォーッとしていたり、何人かでお酒を飲み明かしたりしていました。

その時に真面目でちょっとオタクっぽい感じの薄い顔立ちの女性が突然近寄って来て、「ここでは交際は禁止だから・・・」と言っていました。

そういう話は最初はまったく聞いてなかったんですが、夜になって大勢が缶ビールなどを手にして乱れた人間模様になって来たので戒めるためにまとめ役の人が突然そう決めたようにも感じました。

キャンプ会場から少し離れた場所には、レーシングカー会場があってキャンプの最後の日にはそこでも遊びましたが、とにかくキャンプの夜に殆ど一睡もしていなかったので疲れてしまって、眠気がすごくて大変でした。

でも、トータル的に見て、やはりとても楽しかったです。とても健康的に過ごせました。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです