贈り物にはやっぱり感謝の気持ちがいっぱい!

お中元の時期は夏なので、お菓子になるとゼリーや缶入りプリン、水羊羹などが多いように思います。頂いておきながら言うのはいけないことですが、ゼリーや水羊羹は冷蔵庫の肥やしになることが多いです。

洋菓子なら焼き菓子、和菓子ならオーソドックスなお饅頭が嬉しいなと思います。わがままですね。また貰って嬉しいのは、オリーブオイルの詰め合わせや高級ハムの詰め合わせ。

自分では買わないちょっと贅沢な品は嬉しいです。逆に、こちらがお送りする品は果物と決めています。

メロンや桃を選ぶことが多いです。到着するとすぐに冷蔵庫で冷やしてから、喜びのお電話を頂戴します。物によっては、食べてから。

「嬉しい」「美味しい」と上機嫌なお声を聞かせていただける度、果物を選んで良かったと感じます。無理に喜ばれていたら申し訳ないと思いつつ、私の定番ギフトになりました。

お中元を義理か厄介で行う方もおられますが、私は「ありがとう」の気持ちを伝えられる素敵な伝統だと感じています。不景気だから廃止すると言う言葉を聞くと、おかしな気分です。

「ありがとう」「感謝」に好景気、不景気は関係ありませんよね。届いた荷物を開封する時の、何とも言えないわくわく感。大人になった今も、箱を開ける瞬間が大好きです。