喜ばれるお中元の選び方のコツ!

お中元ギフトでうれしかったものは、ハムの詰め合わせ、ゼリーの詰め合わせなど、すぐに食べなくても大丈夫なもので、日持ちがするものです。

大人二人で暮らしていると、すぐに食べられないし、少量ずつしか消費できないからです。

貰って、ちょっと困ったものは、マスクメロン2個とか、ブロック肉の詰め合わせです。

私がメロンアレルギーでメロンを食べるとかゆくなってしまいます。夫もあまり、メロンが大好物とまでは行かないので、一回に食べる量は、食べても4分の1程度。

メロンはどんどん熟してしまうので、追われて毎日消費するのが大変でした。ブロック肉の詰め合わせも、一塊が300グラムぐらいあると、スライスするのも大変ですし、一度解凍したものを、再度冷凍すると味が落ちるので一回で食べきらなくてはならず、消費するのが大変でした。

なので、私がお中元を贈る場合には、なるべく日持ちがして、乾物など少しずつ消費できるものを選んで贈るようにしています。

相手に迷惑にならないお中元の選び方のコツ

お中元を贈るときは、その相手によって品物の贈り分けをしています。例えば、ビール好きな人には、飲み比べできる世界各国のビールセット、甘いもの好きな方にはスイーツ、小さな子供がいる家には旬のフルーツやジュースなどなど、家族構成や年齢、生活環境になるべく見合ったものをセレクト!

贈り分けをするのは、正直面倒な部分もありますが、今までたいてい相手から喜びの連絡をいただけているので、選んだ甲斐があったなぁと感じています。

もちろん相手の趣味嗜好を把握していれば、選びやすいと思いますが、わからない場合やはり悩むものですよね・・・。

一人暮らしの男性にフルーツを贈っても、なかなか自分で剥いて食べないかもしれませんし、料理をあまりしない人に調味料を贈ってもかえって迷惑になってしまうかもしれません。意外に誰にでも喜ばれたのが佃煮でした。

佃煮はいつでも手軽に食べれる食材ですし、日持ちもします。日持ちのしない生もの系は、困る場合もあるので要注意ですね。