お世話になっている祖父母に手料理のプレゼント

敬老の日 料理

私の子供の頃は両親が共働きで忙しかったため、私も弟もおじいちゃんおばあちゃんっ子でした。ですから、祖父母というよりは親のような感じで、本当に毎日お世話をしてもらっていました。

私が小学校の高学年、弟が低学年のある敬老の日、毎日ごはんを作ってくれるおばあちゃん、習い事の送り迎えをしてくれるおじいちゃんのため、二人でお夕飯を作ることにしました。メニューはお味噌汁と煮物です。

私は料理を祖母から教えてもらっていたので、家庭の味は、母よりも祖母の料理の味が多いです。お米の炊き方も、お味噌汁の作り方も。煮物の作り方も、祖母に習いました。それを思い出しながら、弟にも手伝ってもらいごはんを作りました。

煮物の野菜の形はいびつでしたが、味付けは祖母の味を忠実に、お味噌汁の出汁の取り方も祖母から教えてもらった通りに作りました。

時間はかかりましたが、なかなか美味しくでき、その時の祖父母の美味しそうに食べてくれた笑顔が今でも忘れられません。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです