カビ対策に効果的な除湿機の利用方法

私が市営住宅に住んでいた時にやっていたのは、天気がいい日に窓を開けるのは当たり前ですが、その時にタンスや押し入れ、天袋等の開けて空気が入れ換えられるところはすべて開けていました。

その時あまり朝早くから開けると、夜のうちの放射冷却や寒暖差による湿度のことがあるので、お昼近くというか、できるだけ日が昇ってしばらくしてからの空気を入れることに気を付けていました。

また、除湿器を付けるときには、つけている部屋の扉をできるだけ閉めて、1部屋ずつにする。その時布団乾燥機を併用して使ったりもしていました。台所や脱衣所も忘れないで除湿する。

押し入れやクローゼットは、除湿剤を使用して、こまめにチェックし、貯まったまま放置しないように気を付ける。

脱衣所に関しては、通常より1、2多めに置いて、お風呂は使用後窓を開けて置きますが、脱衣所への扉は閉めていました。(朝には開けていましたが、使用後夜間は湿度が部屋にも流れることにもなるので、閉めていました。)

浴室掃除の時にできるだけ、歯ブラシなどで細かい溝の汚れに気が付いた時には念入りに、カビ取り剤も気づいたら使用して除去していくようにしていました。

窓枠なども露がついたら拭いて取る、結露シートを使用するといったような感じでした。結露シートは貼ってると窓枠との境目が汚れたり、カビが発生したりするので気を付けて交換していました。

窓に貼る断熱シート?は私が住んでいたところだと、あまり効果がなかったので使いませんでした。

カビのお掃除がラクラク!かび対策お助けグッズ

我が家で一番カビが気になるのはサッシのところです。日中締め切っているため、湿気がこもりやすく結露ですぐカビてしまいます。ガラスクリーナーでも落ちにくいし、窓枠の木の部分が黒ずんで気になっていました。

あるひ、サッシの掃除をしようとしたら、クリーナーが切れたのを忘れており、代わりになるものが、除菌用アルコールスプレーしかなかったのです。

仕方なく、それをつかったところ、ビックリするほど簡単にカビがはがれてきました。黒ずみはとれませんが、窓ガラスや、窓枠のステンレスに着いたカビは、アルコールスプレーをかけて、キッチンペーパーでこするとぼろぼろとれて驚きました。

そのあとも、アルコールスプレーでおそうじを続けていましたら、カビが生えるのが少なくなり、お掃除がずいぶん楽になりました。

お風呂のお掃除も、黒カビに、まず塩素系のスプレーをしてよく落とした後に、アルコールスプレーをかけておくと、あまり、ひどく増え無くなりました。

お風呂場で後気をつけていることは、使ったら、体を拭いたバスタオルで床をふいて、窓を開けておきます。湿気がこもらないよう注意しています。