カビの原因をこまめに取り除くのが最善

これからの時期は、特に悩まさせられるカビですよね。カビの原因は、結露や湿気と言った水分です。

私は、築20年のマンションの3階に住んでいるのですが、東西にバルコニーがあるので、風通しは良いと思っていたで、入居当初はぜんぜん気にしてませんでした。

ところが、入居して1年目の梅雨時期に、西側の窓枠にカビを発見!さらにカーテンまでカビに見舞われてしまったことがありました…。

防カビ対策をいろいろ試しましたが、1番はやはり湿気を取り除いてあげることですね。毎日窓の結露をこまめにタオルで拭き取り、お天気の良い日には、窓を開けて換気をすること。

ちょっと手間ですが、日々の努力が打ち勝って、今ではカビの悩みも無くなりました!特に日の当たらないお部屋や風通しの良くないお部屋には気をつけてあげて、毎日「こまめに…ふきふき…」が、最善策だと私は実感しました。

そして何より、安上がりですので、家系にもやさしいので、オススメです!

できてしまったカビの対処法は?

梅雨時はあちこちにカビが生えますが、一番多いのはやはりお風呂場ですね。気がつけばタイルの目地や風呂蓋に黒カビがうっすらと。

その時に退治しないと根強いカビが取れなくなります。わかってはいても、普段の掃除ではつい忘れて黒くなってきてから慌ててしまいます。できてしまったカビは、市販のカビ取り剤を使います。湿気の少ないお天気の良い日にするのが良いそうです。

その際には注意書きにあるように換気に注意します。しっかり付着するように、霧ではなく泡で吹き付けるようにしています。どうしても垂れてしまうときは、キッチンペーパーを貼り付けるように当てて密着させます。

充分時間を置いてからしっかり流します。その後もしばらく換気をします。小まめにやると良いのですが、お風呂の支度の時にカビに気が付いたら、カビ取り剤は刺激があるので使えません。

そんな時は、トイレのお掃除シートなど、アルコール除菌タイプのもので拭き取ります。表面だけでも黒さが取れます。

後はやはり湿気を溜めないように、お風呂が済んだらタイルや洗い場に水のシャワーを掛けて温度を下げ、換気扇をしばらく付けて蒸気を外へ出します。カビ対策は予防と早めの対処です。

嫌~なカビ防止に重曹がオススメ!

我が家で一番カビが発生しやすい場所は、お風呂です。田んぼを埋め立てた場所なので家全体でカビが発生しやすいのですが、お風呂場は1ヶ月もしない間にカビが出てきてしまうほどです。

定期的にLIONのルックおふろの防カビくん煙剤を使っています。梅雨に入る前は、お風呂全体をカビハイターを使って出来るだけカビを取り、その後おふろの防カビくん煙剤を使用しカビを防いでいます。

こうすると大分お風呂のカビが防げます。もちろん毎日の換気も欠かさずやっています。脱衣所もカビが発生してしまうので、湿気対策として木炭と重曹を置いています。

重曹の中にアロマオイルを入れて香りも楽しんでいます。重曹は掃除用でホームセンターでお手頃な価格で購入出来るので、各部屋に置いています。

下駄箱や押入れにも置いています。湿気を吸ってくれるのでカビもあまり発生しません。湿気を吸い込んでしまった重曹は、そのまま下駄箱の掃除に使っています。あとはアルコールスプレーを使い掃除をして防いでいます。

特に重曹は手軽に出来るカビ対策だと思うので、是非皆さんに試して欲しいです。

浴室と玄関のカビ対策

カビになりやすい場所は、浴室と玄関です。浴室はもちろん毎日水を使うのでどうしても湿気がこもってしまいます。

対策としてはやはり換気扇を常時回すということです。空気の入れ替えがしっかりと行うことが大事です。

特に梅雨時は雨が多く、窓を開けてもなかなか換気ができないので、そうゆうときはエアコンの除湿機能を使ったり、浴室乾燥機を使ったりします。

洗濯物は浴室で乾かすので、浴室乾燥機をかけるとしっかりと乾きます。また、カビ予防に、市販のカビ防止剤を使うこともあります。

こまめに掃除をしておくことも大切です。それから、玄関は結構湿気がたまりやすい場所です。濡れた傘や靴があると余計にです。

なので、玄関には100均などに売っている湿気取りタンクを置いています。思った以上に湿気を吸って、すぐに水が溜まるので、玄関の湿気ってこんなに多いんだと驚きますよ。

濡れた傘はなるべくですが家の中には入れないようにして、晴れた日にしっかりと干します。濡れた靴は、新聞紙を靴の中に入れたりして湿気を吸わせます。

私のカビ対策はこんな感じです。