梅雨時期でもカビ撃退!私のかび対策

梅雨のジメジメした時期には家の中のあちこちにカビが発生しやすくなります。私がしているカビ対策は、クローゼットや押し入れの中には一年を通して、除湿剤を置いています。

梅雨の時期には、個数を増やし、こまめに水がたまっていないかチェックして、水がたまればすぐに新しいものと取り替えます。

また、ずっと閉め切っていると湿気がこもってしまうので、数日に一度クローゼットや押し入れの扉を開け、部屋の窓も開けて、換気をして風通しをよくしています。

それから、油断するとお風呂にもすぐにカビが生えてしまいます。そこでお風呂に入り終わった後、シャワーを水が出るように設定し、壁全体に水をかけて、お風呂場全体を冷やすようにしています。

その後、お風呂の窓を開けて、風を通し、水分を乾燥させるようにしています。さらに、定期的にお風呂のカビ対策の洗剤を使ってそうじをしたり、防カビくん煙剤を使ったりして、カビが発生しないように気をつけています。

湿気がすごくてかび臭い我が家のカビ対策

私は義実家で同居していますが、家は湿気が凄くて、毎年タンスの中やクローゼットがカビ臭くなってしまいます。越してきた最初の年はどうして良いかわからず、とりあえず市販の湿気とりをクローゼットに入れてしのいでました。

それでも、すぐ使い物になら無くなってしまい、湿気とりを買うだけで凄い出費になっていました。どうしたら良いのかと考え、風を通そうと窓を開け通気を良くしたり色々しましたが、多少の改善は見られるもののあまり変化は感じられませんでした。

そこで、主人とあれこれ話し合い、クーラーの除湿機能をフル稼働させてみようと言う結果になりました。電気代は勿体無いと思うのですが、タンスの中やクローゼットがカビだらけになるよりはましだ!と思い、梅雨の間は除湿機能をフル稼働させています。

後は梅雨の間の晴れの日を狙って、部屋の窓を全部開けてなるべく風を通すようにしています。あまり長く開けすぎると、外の空気中の水分が家のなかに入ってきて、余計湿気が強くなりそうなので2?3時間を目安にするようにしています。