クローゼットのカビ防止に

四季のある日本では夏前に衣替えをしますが、時期を逃すと梅雨時に衣替えというタイミングになってしまいます。

仕舞う服は天日干しなどしてしっかり乾燥させるのが良いのですが、どちらにしても衣装ケースには防カビ剤を入れます。

乾燥剤はゼリー状になるものは小まめに換えないと湿気を溜め込んだままになるようなので、秋口まで仕舞っておくのなら粒状のものにしています。

タンスの引き出しの奥の方に仕舞うなどの場合は、乾燥した日にたまに引き出しを全開して湿気を逃すようにします。衣替えの度にカビ対策はしているのですが、よく失敗するのがクローゼットに吊り下げの衣類です。

コートや厚手の上着などは衣類ケースに仕舞わないため、クローゼットの奥に吊り下げて夏場を過ごします。出番が近付いて取り出してみると表面に白い粉のようなカビがうっすら付いていることがあります。

革製品によくあります。その際は濡れたタオルなどで拭いてはいけないそうで、洋服ブラシではらうようにカビを取ります。

きれいに取れないまま革用クリームなどを塗るのもいけません。今後カビが生えないように、クローゼットのコートなどは間隔を空けて吊るし、クローゼット用の防カビ剤もきちんと配置します。カビは衣類に関しても予防と早めのお手入れが大切です。

梅雨時期でもカビ撃退!私のかび対策

梅雨のジメジメした時期には家の中のあちこちにカビが発生しやすくなります。私がしているカビ対策は、クローゼットや押し入れの中には一年を通して、除湿剤を置いています。

梅雨の時期には、個数を増やし、こまめに水がたまっていないかチェックして、水がたまればすぐに新しいものと取り替えます。

また、ずっと閉め切っていると湿気がこもってしまうので、数日に一度クローゼットや押し入れの扉を開け、部屋の窓も開けて、換気をして風通しをよくしています。

それから、油断するとお風呂にもすぐにカビが生えてしまいます。そこでお風呂に入り終わった後、シャワーを水が出るように設定し、壁全体に水をかけて、お風呂場全体を冷やすようにしています。

その後、お風呂の窓を開けて、風を通し、水分を乾燥させるようにしています。さらに、定期的にお風呂のカビ対策の洗剤を使ってそうじをしたり、防カビくん煙剤を使ったりして、カビが発生しないように気をつけています。

湿気がすごくてかび臭い我が家のカビ対策

私は義実家で同居していますが、家は湿気が凄くて、毎年タンスの中やクローゼットがカビ臭くなってしまいます。越してきた最初の年はどうして良いかわからず、とりあえず市販の湿気とりをクローゼットに入れてしのいでました。

それでも、すぐ使い物になら無くなってしまい、湿気とりを買うだけで凄い出費になっていました。どうしたら良いのかと考え、風を通そうと窓を開け通気を良くしたり色々しましたが、多少の改善は見られるもののあまり変化は感じられませんでした。

そこで、主人とあれこれ話し合い、クーラーの除湿機能をフル稼働させてみようと言う結果になりました。電気代は勿体無いと思うのですが、タンスの中やクローゼットがカビだらけになるよりはましだ!と思い、梅雨の間は除湿機能をフル稼働させています。

後は梅雨の間の晴れの日を狙って、部屋の窓を全部開けてなるべく風を通すようにしています。あまり長く開けすぎると、外の空気中の水分が家のなかに入ってきて、余計湿気が強くなりそうなので2?3時間を目安にするようにしています。

梅雨時期も安心!完全にかびが防げる我が家のカビ対策

梅雨時期のカビ対策はどのお宅でも工夫されていると思いますが、我が家は以前、お風呂場やクローゼットの中にカビが出てしまい、お風呂場は臭くなり、タンスの中の置いてあった皮製のカバン等をカビさせてしまい、大変だった事がなったので、翌年からカビ対策をするようになりました。

まずお風呂は冬場は浴槽の湯を2日に一度ぬいて浴槽を洗って湯を変えるのですが、梅雨時期に湯を浴槽に入れたままにした事が原因でカビが発生したようなので、湯が汚れていなくても、湯船につかった人が少なくても必ずその日のうちに湯を抜くようにしました。

そしてその晩のうちの浴槽と周りを洗います。換気扇はもちろん強にしておきます。そして仕上げに必ず浴槽や壁全体にお水をざっとかけます。そして、換気モードから乾燥モードに切り替えて、一時間タイマーをかけます。

それをすることによってお風呂場のカビ(臭い)は全く大丈夫になりました。そしてクローゼットのカビ対策は週に1度、クローゼットを全開にして一時間ほど扇風機を回します。それをするだけで完全にカビはふせげるようになったので、ぜひ試してみてください。