カビの原因をこまめに取り除くのが最善

これからの時期は、特に悩まさせられるカビですよね。カビの原因は、結露や湿気と言った水分です。

私は、築20年のマンションの3階に住んでいるのですが、東西にバルコニーがあるので、風通しは良いと思っていたで、入居当初はぜんぜん気にしてませんでした。

ところが、入居して1年目の梅雨時期に、西側の窓枠にカビを発見!さらにカーテンまでカビに見舞われてしまったことがありました…。

防カビ対策をいろいろ試しましたが、1番はやはり湿気を取り除いてあげることですね。毎日窓の結露をこまめにタオルで拭き取り、お天気の良い日には、窓を開けて換気をすること。

ちょっと手間ですが、日々の努力が打ち勝って、今ではカビの悩みも無くなりました!特に日の当たらないお部屋や風通しの良くないお部屋には気をつけてあげて、毎日「こまめに…ふきふき…」が、最善策だと私は実感しました。

そして何より、安上がりですので、家系にもやさしいので、オススメです!

100円均一のカビ対策グッズ

クローゼットに、バッグを保管しているのですが、カビに悩んでいました。除湿タンクや除湿シートを試していたのですが、あまり効果が望めませんでした。

そこで試したのがスノコ。スノコを敷いて、時々クローゼットの扉を開けておく、これだけですがカビが来なくなりました。

除湿機の利用も有効ですが、部屋の気温が上がり、梅雨時期は辛いです。扇風機などで、風の流れを作ることも合わせるといいみたいですね。

バッグの中には、竹墨を入れて置くと湿気だけでなく、匂いも予防してくれます。お風呂の対策は、お風呂上がりにクエン酸スプレーを利用しています。

100円均一で、クエン酸パウダーと、スプレーを買って水で薄めて常に準備しています。これを毎日のお風呂上がりに全体的に振っておきます。

浴槽の隅々や、排水溝も忘れずにスプレーが大切です。この一手間で、洗剤の節約にもなりますよ。カビ対策は一つだけでなく、幾つかを合わせて利用すると良いと感じました。

困った!梅雨時期の大量のカビ対策

我が家(持ち家,一軒家,築10年)の悩みの種はお風呂場です。換気扇と換気用の窓はついているのですが,空気の循環が悪いのか,いつも梅雨時期になると大量のカビが発生していました。

そこで,対策として,徹底してその場の水気を取り除くことにしています.入浴がおわったら,すぐに,温水から冷水の順番で,天井をのぞくすべての箇所を入念に洗い流しています。

その後,身体を拭きおえたバスタオル(吸水性がとりわけいいものを使用しています)で,その水分をできるだけ取り除いています.本当は,柄のついた吸水性モップが欲しいところですが,いまのところはバスタオルで間に合っています。

最後は,お風呂場の小窓と,入り口のドアを全開にし,なおかつ,翌朝まで換気扇を回すようにしています。

お風呂上がりにこのひと手間を加えることで,カビの発生は格段に減少しました。あとは,天気がいい日にはお風呂場をはじめ,家のあらゆる箇所の窓を開け,換気をするようにしています。

靴のカビ対策

以前、お気に入りの靴をかびさせてしまって、大変悲しい思いをしたので、それからは特に気をつけるようになりました。

特に梅雨時期の靴箱は要注意しています。私が梅雨時期にとる対策は、靴箱を夜寝る前に開けます。さすがにお昼間は誰がくるかわからないので靴箱を開けっぱなしは出来ないので、夜間に限ります。

そして100円均一で買ってきた乾燥剤を入れます(マンション、アパート用の通常の大きさの靴箱で乾燥剤は5袋(小)程度入れています)それだけでかなり梅雨時期のカビをふせぐことができますが、週に1度30分くらいのペースで靴箱の中に向かって扇風機をまわします。

この作業をするようになってから靴をカビさせることは本当になくなりました。そして、乾燥剤と共に入れているが、珈琲を引いたものです。

これは少量でも嫌な匂いも防いでくれます。こちらに関しては定期的ではなく、気がついて多めにコーヒー豆をひいたときにだけやっています。

通気性をよくするには新聞紙が便利

除湿機をフル回転、家にある除湿機はあったかい風が出てくるので窓を開けています。タンスや端っこの壁がよく湿気ているので壁にむけて風があたるようにしています。

古い建物なので作りが簡単なものなのでとくに湿気がひどい家です。

水とりぞうさんもあちこちにおいています。壁とタンスの間に新聞紙を長細く丸めて置くので壁とタンスの間をあけて少しでも風が通るように心がけています。

布団でも湿気がたくさんたまるので梅雨の時期は布団も干せませんので布団乾燥機か扇風機をあててあげます。

ジメジメした布団に寝るのはとても気持ち悪いし布団にカビがはえてからでは遅いので、布団だけはよくよくチェックしています。

カビで病気になったりするのでとても怖いです。エアコンの吹き出し口もよく見なきゃカビがついていたりするので、それは拭くのみにしています。

タンスも風が通るように板を打ちつけてキャスターを付けようかなと考えています。梅雨前には完成できるといいです。

浴室と玄関のカビ対策

カビになりやすい場所は、浴室と玄関です。浴室はもちろん毎日水を使うのでどうしても湿気がこもってしまいます。

対策としてはやはり換気扇を常時回すということです。空気の入れ替えがしっかりと行うことが大事です。

特に梅雨時は雨が多く、窓を開けてもなかなか換気ができないので、そうゆうときはエアコンの除湿機能を使ったり、浴室乾燥機を使ったりします。

洗濯物は浴室で乾かすので、浴室乾燥機をかけるとしっかりと乾きます。また、カビ予防に、市販のカビ防止剤を使うこともあります。

こまめに掃除をしておくことも大切です。それから、玄関は結構湿気がたまりやすい場所です。濡れた傘や靴があると余計にです。

なので、玄関には100均などに売っている湿気取りタンクを置いています。思った以上に湿気を吸って、すぐに水が溜まるので、玄関の湿気ってこんなに多いんだと驚きますよ。

濡れた傘はなるべくですが家の中には入れないようにして、晴れた日にしっかりと干します。濡れた靴は、新聞紙を靴の中に入れたりして湿気を吸わせます。

私のカビ対策はこんな感じです。

カビ対策に一番効果があったお助けグッズ

昔マンションに住んでいた時玄関が北向きだったためと1階だったためかすごい湿気でした。北側の部屋が一番ひどかったです。

人数多く寝たりするとまず結露。窓の周りのゴムの部分や窓周りの壁が一番カビがいきやすいです。これはこまめにふくしかなく放置しておくとカビだらけになります。部屋はフローリングでしたが子供が寝ると特に床まで湿気からのカビが。

布団フローリングが濡れるからです。じゅうたんをひいてもだめで、畳をひいてもだめ、すのこも木のものはだめのようです。

新聞紙なども湿気はすってくれますがだめでした。一番よかったのがなんと子供用などのプレイマットまずこれをフローリングにひいて、布団とプレイマットの間は摸造紙などを間にひくと効果的です。

これで賃貸のマンションのフローリングもよごれず大丈夫だと思います。ここにたどり着くまでいろいろためしましたがこれが一番よかったですよ。

ここまでの湿気のカビができるのはないかもしれませんが、お困りの方に役に立てればと思います。

最近はプラスチックのすのこも出ています。フローリングの上にプレイマットをひいてその上にプラスチックのすのこをひけば布団のカビ対策はバッチリです。

お金のかからないカビ退治

私の部屋は冷暖房がないので、梅雨の時期や冬は室内と室外の温度差が激しくなり出窓のところに気がつくとカビが生えてしまっていました。

そこで、まず最初にお金のかからない対策を考えました。まず晴れている日には窓を開けて空気の入れ替え、換気をすることです。

一日中窓を締め切っていると結露などですぐにカビが生えてしまいます。窓に水滴を作らないことが重要です。

窓を開けていれば例え結露があったとしても風で乾くので問題ありません。このひと手間をするだけでかなり効果がみられます。

雨が降っていて窓を開けられないときは、室内と室外の温度差が出てしまうときがあるので濡れた窓をしっかり拭いたりしています。

拭かないで放置していると風もないので乾かない、カビができてしまうということになります。水滴ができてしまったらすぐに拭くようにしてからはカビができることが確実になくなってきています。

忙しい方だとなかなか頻繁に拭き取るということはできないかもしれませんが、晴れている日には窓を開けておくだけ、梅雨などの雨が多い時期はいつもより少しだけ注意して結露があったら拭くということをやってみてほしいです。

カビのお掃除がラクラク!かび対策お助けグッズ

我が家で一番カビが気になるのはサッシのところです。日中締め切っているため、湿気がこもりやすく結露ですぐカビてしまいます。ガラスクリーナーでも落ちにくいし、窓枠の木の部分が黒ずんで気になっていました。

あるひ、サッシの掃除をしようとしたら、クリーナーが切れたのを忘れており、代わりになるものが、除菌用アルコールスプレーしかなかったのです。

仕方なく、それをつかったところ、ビックリするほど簡単にカビがはがれてきました。黒ずみはとれませんが、窓ガラスや、窓枠のステンレスに着いたカビは、アルコールスプレーをかけて、キッチンペーパーでこするとぼろぼろとれて驚きました。

そのあとも、アルコールスプレーでおそうじを続けていましたら、カビが生えるのが少なくなり、お掃除がずいぶん楽になりました。

お風呂のお掃除も、黒カビに、まず塩素系のスプレーをしてよく落とした後に、アルコールスプレーをかけておくと、あまり、ひどく増え無くなりました。

お風呂場で後気をつけていることは、使ったら、体を拭いたバスタオルで床をふいて、窓を開けておきます。湿気がこもらないよう注意しています。

お風呂場のカビ退治!

梅雨の時期には特にお風呂場がカビやすいので常に水分を残さないようにすることを心掛けています。

入浴後にはお湯をそのまま長く残すとフタを閉めていても、湯気の水分が出てよりカビやすくなるので早めにお湯を落として、お風呂を洗います。

そしてしっかり水気を拭きとります。そして換気扇をかけたり、窓を開けたりして、できる限り空気が流れる状態にしておきます。

お風呂のふた、排水溝、排水溝のふたは水分や湯気が留まった状態になりやすく、特にカビやすいので開けれる限り開けて、お風呂のふたは重ならないように斜めに立てかけたりして、表にも裏にも空気が当たる状態にしておくとカビにくいです。

そして見えにくいけれどカビやすいのが浴室の天井です。湯気が天井に溜まって水滴のようになるけど、毎日お風呂洗いのたびに天井を拭くのは大変なので、時間がある時に拭いておくか、こまめに天井を見て、黒くなっている感じの所があれは早めに拭いておくとカビでも簡単に拭きとれます。

同様に、浴室の壁、ドアもこまめに拭くなりチェックするなりして、カビが増えてしまう事を防いでいます。