お風呂場のカビ退治!

梅雨の時期には特にお風呂場がカビやすいので常に水分を残さないようにすることを心掛けています。

入浴後にはお湯をそのまま長く残すとフタを閉めていても、湯気の水分が出てよりカビやすくなるので早めにお湯を落として、お風呂を洗います。

そしてしっかり水気を拭きとります。そして換気扇をかけたり、窓を開けたりして、できる限り空気が流れる状態にしておきます。

お風呂のふた、排水溝、排水溝のふたは水分や湯気が留まった状態になりやすく、特にカビやすいので開けれる限り開けて、お風呂のふたは重ならないように斜めに立てかけたりして、表にも裏にも空気が当たる状態にしておくとカビにくいです。

そして見えにくいけれどカビやすいのが浴室の天井です。湯気が天井に溜まって水滴のようになるけど、毎日お風呂洗いのたびに天井を拭くのは大変なので、時間がある時に拭いておくか、こまめに天井を見て、黒くなっている感じの所があれは早めに拭いておくとカビでも簡単に拭きとれます。

同様に、浴室の壁、ドアもこまめに拭くなりチェックするなりして、カビが増えてしまう事を防いでいます。