困った!梅雨時期の大量のカビ対策

我が家(持ち家,一軒家,築10年)の悩みの種はお風呂場です。換気扇と換気用の窓はついているのですが,空気の循環が悪いのか,いつも梅雨時期になると大量のカビが発生していました。

そこで,対策として,徹底してその場の水気を取り除くことにしています.入浴がおわったら,すぐに,温水から冷水の順番で,天井をのぞくすべての箇所を入念に洗い流しています。

その後,身体を拭きおえたバスタオル(吸水性がとりわけいいものを使用しています)で,その水分をできるだけ取り除いています.本当は,柄のついた吸水性モップが欲しいところですが,いまのところはバスタオルで間に合っています。

最後は,お風呂場の小窓と,入り口のドアを全開にし,なおかつ,翌朝まで換気扇を回すようにしています。

お風呂上がりにこのひと手間を加えることで,カビの発生は格段に減少しました。あとは,天気がいい日にはお風呂場をはじめ,家のあらゆる箇所の窓を開け,換気をするようにしています。

梅雨時期も安心!完全にかびが防げる我が家のカビ対策

梅雨時期のカビ対策はどのお宅でも工夫されていると思いますが、我が家は以前、お風呂場やクローゼットの中にカビが出てしまい、お風呂場は臭くなり、タンスの中の置いてあった皮製のカバン等をカビさせてしまい、大変だった事がなったので、翌年からカビ対策をするようになりました。

まずお風呂は冬場は浴槽の湯を2日に一度ぬいて浴槽を洗って湯を変えるのですが、梅雨時期に湯を浴槽に入れたままにした事が原因でカビが発生したようなので、湯が汚れていなくても、湯船につかった人が少なくても必ずその日のうちに湯を抜くようにしました。

そしてその晩のうちの浴槽と周りを洗います。換気扇はもちろん強にしておきます。そして仕上げに必ず浴槽や壁全体にお水をざっとかけます。そして、換気モードから乾燥モードに切り替えて、一時間タイマーをかけます。

それをすることによってお風呂場のカビ(臭い)は全く大丈夫になりました。そしてクローゼットのカビ対策は週に1度、クローゼットを全開にして一時間ほど扇風機を回します。それをするだけで完全にカビはふせげるようになったので、ぜひ試してみてください。