できてしまったカビの対処法は?

梅雨時はあちこちにカビが生えますが、一番多いのはやはりお風呂場ですね。気がつけばタイルの目地や風呂蓋に黒カビがうっすらと。

その時に退治しないと根強いカビが取れなくなります。わかってはいても、普段の掃除ではつい忘れて黒くなってきてから慌ててしまいます。できてしまったカビは、市販のカビ取り剤を使います。湿気の少ないお天気の良い日にするのが良いそうです。

その際には注意書きにあるように換気に注意します。しっかり付着するように、霧ではなく泡で吹き付けるようにしています。どうしても垂れてしまうときは、キッチンペーパーを貼り付けるように当てて密着させます。

充分時間を置いてからしっかり流します。その後もしばらく換気をします。小まめにやると良いのですが、お風呂の支度の時にカビに気が付いたら、カビ取り剤は刺激があるので使えません。

そんな時は、トイレのお掃除シートなど、アルコール除菌タイプのもので拭き取ります。表面だけでも黒さが取れます。

後はやはり湿気を溜めないように、お風呂が済んだらタイルや洗い場に水のシャワーを掛けて温度を下げ、換気扇をしばらく付けて蒸気を外へ出します。カビ対策は予防と早めの対処です。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです