クローゼットのカビ防止に

四季のある日本では夏前に衣替えをしますが、時期を逃すと梅雨時に衣替えというタイミングになってしまいます。

仕舞う服は天日干しなどしてしっかり乾燥させるのが良いのですが、どちらにしても衣装ケースには防カビ剤を入れます。

乾燥剤はゼリー状になるものは小まめに換えないと湿気を溜め込んだままになるようなので、秋口まで仕舞っておくのなら粒状のものにしています。

タンスの引き出しの奥の方に仕舞うなどの場合は、乾燥した日にたまに引き出しを全開して湿気を逃すようにします。衣替えの度にカビ対策はしているのですが、よく失敗するのがクローゼットに吊り下げの衣類です。

コートや厚手の上着などは衣類ケースに仕舞わないため、クローゼットの奥に吊り下げて夏場を過ごします。出番が近付いて取り出してみると表面に白い粉のようなカビがうっすら付いていることがあります。

革製品によくあります。その際は濡れたタオルなどで拭いてはいけないそうで、洋服ブラシではらうようにカビを取ります。

きれいに取れないまま革用クリームなどを塗るのもいけません。今後カビが生えないように、クローゼットのコートなどは間隔を空けて吊るし、クローゼット用の防カビ剤もきちんと配置します。カビは衣類に関しても予防と早めのお手入れが大切です。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです