控えめな母が喜んでくれたバッグ

専業主婦で家族を支えてくれている母ですが、自分の物には一切贅沢せず、いつもプレゼントに何が欲しいか聞いても

「私はいいから自分の為にお金を残しておきなさい」

と言い大したプレゼントをしてあげたことがありませんでした。

そんな中、一緒に買い物に出かけた際に母がバックを見ていることに気づき、

「新しいの欲しいの?」

と聞くと

「今使ってるのそろそろ替え時なんだけど、中々いいのなくてね」

と決めかねていました。

結局その時はバックを買わなかったので、今度の母の日のプレゼントはサプライズでバックをプレゼントしようと思い、主人と一緒にバックを探しに行きました。

母はブランド物より、シンプルで使いやすいものを好むので、容量もたっぷりあって落ち着いたベージュのバックを買いました。

実家に行き、プレゼントを渡すととても驚いていましたが、照れながらも喜んでくれました。

それからすぐにはバックを使っていなかったのでなぜか聞いてみると

「なんかもったいなくて」

と言っていましたが、その数日後から使ってくれていました。

その姿を見るとこちらも嬉しくなります。