小学生の息子がお小遣いで買ってくれたカーネーション

一人息子が小学校3年生の時、二人で一緒にスーパーに行きました。

息子には、普段からお小遣いとして週200円渡していましたが、二人でスーパーに行くと必ず「一個だけお菓子買っていい?」一個ならと…、買ってやろうとかごにいれると、「さらに、もう一つ、あれもこれも…」とせがんできます。

そのくせ、渡したお小遣いはほとんど使わずに、自分の貯金箱に貯めている、親の目にもちょっと、ケチ?な我が子です。

そんな子供といつもの様にスーパーに行って、入り口付近にある、お花売り場の母の日ギフトのカーネーションを私が「綺麗な色だね?と」話しながら、何気なく眺めていたら、息子が

「ママ欲しい?どっちがいい?僕が買ってあげるよ、僕いまお金を持ってないけど、帰ったら払うから!」と、けちな息子から耳を疑うような事を言われました。

「ええ?ほんとに??!いいよ、そんな」と言いながら、内心は驚きと嬉しさでいっぱでした。

「大丈夫だよ。お金貯めてるから、買うよ!選んで!」と、しつこく言ってくれたので、結局、薄いピンクのフリルと濃いピンクの縁のついたフリルのカーネーションのブーケを買ってくれました

。家に帰ったら、こちらが何も言わないのにすぐに代金の500円を持ってきてくれて、ほんとに支払ってくれました。

テーブルに飾ったお花は綺麗だし、初めての子供からのお金のかかる贈り物だし、とても感激しました。

大げさでなく、いままでで、一番うれしい贈り物でした。

長く飾ってほしくて選んだプリザーブドフラワー

小学生のころから母の日のプレゼントは欠かさず贈っていました。いつも定番のカーネーションでしたが、母はそれでも喜んでくれました。

社会人になって、自分でお金を稼げるようになり、出せる金額も多くなりました。なので、社会人1年目にはいつもより大きな花をプレゼントすることにしました。

けれど、生花だとどうしても枯れてしまうので、長く飾ってほしいと思いプリザーブドフラワーにしました。

プリザーブドフラワーはまるで宝石箱のように綺麗にラッピングされていて、どれにするか小さな花屋さんで時間をかけて選びました。

生花と違って箱に入れられていたので、持ち運びもしやすく贈る側としても良かったです。

実家に帰省し、母に購入したプリザーブドフラワーをプレゼントしました。母はプリザーブドフラワーを知らなくて、長持ちする花と聞いて驚くと同時に喜んでくれました。

渡して数年経ちますが、今でも渡した当時と変わらない状態で部屋に飾られています。