がんばったのに逆効果!後悔した卒業式の思い出

自分の専門学校の卒業式の思い出です。私が卒業した学校の卒業式は振袖に袴で出席する人が多かったです。私は母親に振袖を買ってもらっていたため袴だけレンタルをしました。

振袖も赤と黒の2色使いで気に入っていましたし、袴もからし色にして目立つようにしました。問題は髪型です。

きっと皆、髪をアップにして豪華にしてくるだろうと思い、じゃあ私は逆にシンプルにして目立ってやろうと意気込み、ボブに髪をカットし真っ黒に染めました。当日もわざわざ美容院まで行き、毛先が内側になるようにブローしてもらい大きな髪飾りを一つサイドにつけていきました。

母親は「あんた…美容院にまでいってそれ…」と一言。私はお構いなく、きっと目立つだろうなって思いながら会場へ。

するとどうでしょう…まわりはとても豪華にアップしてきているではありませんか…。

皆、とてもきらびやかでした。一方、私は目立つこともなく、友達からも何か言われるわけでもなく、ただただ地味なだけでした。

一生に一度の袴姿。もっと豪華に出来れは良かったなと今でも後悔しています。もちろん、卒業式自体は盛り上がりましたよ!