先生を好きになった青春時代の思い出

当時高校生だったは私は初めて高校教師を好きになりました。 最初は友達がその先生にあこがれてかっこいいから一緒に先生の部活みにいくのついて来てくれる?といわれたので 見に行ってみました。

そしたら、初めてみる先生で、あ、こんな先生いたんだと思いました。 背は190cm近くあり、バスケットの顧問。 なにより、芸能人みたいな端整な顔立ちでとてもかっこよかったです。

すぐに私も先生のとりこになり友達と一緒に見に行くことが毎日の楽しみになりました。 そしてそんなことをしていた先生が私たちに気づき、徐々に仲がよくなり、帰りは駅まで先生の車に乗せてもらうようになっていました。

しかし、先生が興味をもってくれたのは私のほうでした。徐々にそれに気づいた友達は私から距離を置くようになり 一緒に見る機会はほとんどなくなりました。 その間、私は先生にお弁当を作ったりアピールをしていましたが、先生ということで近づいてきてはくれず卒業式まで きてしまいました。

そして、卒業式もおわりみんなが学校の外で写真をとっているときに、これで私も先生と最後になるんだと 初めて先生と写真をとりました。

そのときに、先生から色々ありがとな。と言われて泣いてしまい、今でもその写真をみると自分の泣き顔がひどいです。 でも、今になってみれば、とてもいい思い出です。

卒業式で泣かない子は冷たい?悲しい小学校の思い出

私の卒業式のことです。

小学校の時です。 小学校はそのまま中学校に持ち上がりで、先生と学校の敷地が変わるだけで別れる子がいなかったので、当時の私はまったく悲しくはなく、むしろ中学にあがって他の小学校と一緒になるというのが、楽しみであったのです。

でも、私の周りの女の子達はみな泣いていて、私が心の冷たい子だと言わんばかりに女の子の同級生達から見られたのを覚えています。

来月にはみんな会うのに・・・ 男の子は泣いている子はいなかったように記憶していますが、女の子で泣いていない子は少なかったように思います。

でも、先生には連絡すれば会えるし、極端なことを言えば、中学からの帰宅路に小学校があったので、寄ればいつでも先生には会えるのです。

とっても理不尽な気持ちになった、ある意味悲しい思い出の小学校の卒業式でした。