卒業式の記念写真に唖然!

長男の幼稚園の卒園式。入学式にも使えるし、これから何度も着るフォーマルスーツだからいいものを買おうと思い、jun ashidaでフォーマルスーツ、ウンガロの皮のバッグ、フェラガモでパンプスを購入。

そして、母が使っていたパールのネックレスを合わせました。今後何かあるたびにこのセットで使えるから、出費は大きかったけど、トータルで考えたら安かったなと、大満足していました。

ところが、次男の入園式までは計画通りだったのですが、卒園式になる頃、スーツがきつくなっていました。

そして、長男の小学校卒業式の日、明らかにきつくなった事が否めない状態にもかかわらず、お腹を引っ込めて無理やり体を押し込み参加しました。

なんとかなったとその時は思ったのですが、失敗したことに気がつたのは、卒業式の写真を皆で交換した時です。

自分で撮った写真は、正面から写してあるせいか、それほど感じなかったのですが、友達が撮影した横からの自分自身の姿に呆然としました。

きついのレベルを超えて、形は崩れてしまい、いくらいいスーツを着ても、非常にみっともないと痛感しました。

痩せる予定もないので、自分の体形に合った分だけサイズアップしたミシェルカレンのワンピースにボレロというタイプにしました。

ワンピースなら、もし万が一また太っても、着れるという目論見ありでの選択でした。そして、デザインが非常にシンプルだったので、目立ちすぎないように、でも華やかさのあるシルバーとパールのコサージュを買い足しました。

スーツは太ってしまったという理由で失敗でしたが、小物に関しては、いいものはずっと良く、流行り廃りもないので、長男の大学の入学式までずっと使う事が出来ました。 そして、もう無理をしても入らないのに高価であったがためにスーツが捨てられず、いまだにタンスの肥やしになっています。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです