てっちりとてっさのセットで家族団らん

お歳暮 鍋

「てっちりとてっさのセット」を友人からお歳暮で頂いたので、実家の両親を招いて鍋にしました。

自分でも買えるようなビールやジュースの詰め合わせ等を貰うよりも、贅沢をしているという感覚があってとても嬉しかったですし、両親もとても喜んでいました。そこで、翌年からは実家および義実家のお歳暮として、「てっちりとてっさのセット」を贈るようになりました。

お歳暮として贈ってはいますが、実家に届く予定の日を確認しておき、お酒やおつまみ等をもってその日に訪問しています。2人の子どもと夫を連れて日帰りで帰省し、ふぐ鍋パーティーをするのが毎年の恒例になっています。

金額としては1万円強になるので高めかなとは感じますが、3年前からの恒例行事になっていますし、何より両親が喜んでくれますのでこれからも続けたいと思っています。

単に「てっちりとてっさのセット」をお歳暮で送るというよりは、良く言えば娘一家との鍋パーティーというお歳暮かなと感じます。

バター焼きも美味しい!冷凍牡蠣が好評

お歳暮 冷凍牡蠣

実両親へ冷凍牡蠣を送りました。お歳暮の時期の前に第二子を出産して里帰りをしてとてもお世話になったので、ありきたりのお歳暮ではなく本当によろこんでもらえるギフトを探しました。

両親は牡蠣が大好きなのですが、スーパーで売っているものは身も小さく、加熱するとさらに縮んでしまうので牡蠣の産地へ行って食べたいなぁと言っていたのを思い出しネットで検索。すると殻剥き済の冷凍牡蠣を発見しました。

身自体が大きく、加熱してもあまり縮まないということで早速購入。確か1?くらいあったと思います。

両親はあまりお歳暮でもらったことのない冷凍牡蠣に困惑していましたが、食べてみたらとてもおいしかったようで食べたその日に報告の電話がありました。

量がたくさんあったので、わたしも年末実家に行った際にバター焼きをいただきましたがぷりぷりしてとてもおいしかったです。

今まではお歳暮というと油やコーヒーなどの実用的なものを送りがちでしたが、本当に親しく日頃の感謝を伝えたい人には色々リサーチして新しいものを送るのもいいなぁと思いました。

復興支援!三陸海の幸のお歳暮

お歳暮 牡蠣

今年の冬はいつもと違う贈り物をしたいと考えていた時、実家から牡蠣が送られてきました。

牡蠣の産地というと広島が有名ですが、実は三陸もこの時期牡蠣の水揚げが盛んに行われています。

話を聞くと地方発送もしているということだったので、今回のお歳暮には生牡蠣を贈ろうと決めました。

実際、自宅に殻のついた牡蠣が送られて来た時は、うまく調理できるかと少し不安になりましたが、実は電子レンジなどで加熱することで簡単に食べることができました。

家族構成なども考慮して、贈る数も調節してくれますし、生食用の商品のなで、いろいろな料理にも使えます。

収穫したそのままを送ってくれるので、鮮度も良いと喜ばれました。三陸の牡蠣はほとんど1年で収穫するため、比較的小ぶりな印象ですが、小さめの牡蠣が好きな方にはお勧めです。

他にもホタテやアワビが旬を迎えているので、いろいろ組み合わせて贈り物にするのもいいかもしれません。復興支援への期待もこめて、今回のお歳暮は三陸の海の幸を贈ることに決めました。

お酒にも合うもらって嬉しいお歳暮

お歳暮 お酒

お歳暮で一番もらって嬉しいのは、ハムやソーセージのギフトです。これは、毎年戴く機会があるのですけど、それでも、一番うれしいお歳暮です。

ハムやソーセージなどは、今では気軽にどこのスーパーでも簡単に手に入ることが出来ますけど、やはりお歳暮でいただくものは、美味しいのです。しかも、なかなか自分では購入しないものなので、一番うれしいです。

子供の頃は、お菓子類が一番うれしかったですけど、大人になった今はお酒にも合うハムソーセージギフトです。好きなように切って、焼いて食べるのが一番好きです。いただいたものなので、遠慮なく食べられるというのも嬉しいです。

なので、私も最近では、ハムやソーセージのギフトセットをお歳暮に送ることが多いです。子供が小さい家では、お菓子などを選ぶのですが、喜んでもらえるものが一番だと思うので、もし自分だったらと考えて、家族構成などを考えて、お歳暮を贈るようになりました。

やはり贈る人というのは、お世話になっている人なので、そういう人には喜ばれたいですから。

美味しい!ローストビーフのお歳暮

お歳暮 ローストビーフ

お歳暮でもらって嬉しかったものはローストビーフとローストビーフのソースとのセット商品です。ローストビーフは大好きなのですが、家庭ではなかなか作る機会がないのと、外で食べるにしても美味しいものは値段が高いので頻繁に食べることは出来ません。

また家庭で作ったにしてもソースを作るのにもまた一苦労します。温めるだけで食べることの出来るローストビーフと、すぐに使える美味しいソースとのセットのお歳暮はもらってすごく嬉しかったのを覚えています。

普通に夕飯に食べるのではなく、クリスマスパーティーのときに添えて出したり、お正月のおせち重の中に忍ばせたり、色々な使い方が出来ました。

また外でローストビーフを食べた時にソースがかかりすぎてしょっぱいなと思ったことが多かったのですが、このお歳暮だとソースの量も調節できるので、自分的に丁度いい塩加減にすることが出来ました。

ソースに飽きたら岩塩だけという食べ方も出来るので、ソースプラス岩塩だともっと嬉しかったかなと思います。

相手が大喜び!浜松名産の鰻のお歳暮用ギフト

お歳暮 鰻

以前、東京で一人暮らしをしていたときの大家さんへお歳暮を贈ったとき、とても喜ばれたことがあります。

私の地元は浜松なので、地元の名産である鰻を贈りました。その鰻はお歳暮用ギフトとなっているもので、地元では割と有名な老舗のお店のものでした。

蒲焼きと白焼きがそれぞれ真空パックになっており、温めればすぐに食べられるようになっているものでした。これを東京の大家さんに贈ったところ、とても喜んでくれ、お礼の電話をわざわざ頂いたのです。

その大家さんはずっと東京に住んでおり、浜名湖の鰻を食べたことがなかったので、本場の鰻がいただけて本当に嬉しいと言ってくださいました。こちらの想像以上の喜びの反応に、こちらまで嬉しくなったほどでした。

それからは毎年必ずその大家さんへ鰻を贈らせて頂きました。その大家さん以外にも、県外に住んでいる方へはその鰻を贈らせてもらっています。

お祝いや感謝の気持ちなどを伝えたいときのギフトなど、必ず喜んでもらえます。

もらって嬉しかったお歳暮

お歳暮 フルーツ

お歳暮でもらって嬉しかったものは、月並みですが果物とかおせんべいの詰め合わせです。

果物は色んな種類がはいったものや、リンゴならリンゴ、みかんならみかん、ブドウならブドウとそれぞれ一種類のみの品もありますが、自分としては様々な種類の果物が詰まっているギフトをもらったほうが色々いっぺんに食べれるから美味しくて嬉しいと思います。

過去にもらった時もそう思いました。その他にもらって良かったなと思ったお歳暮の品は、おせんべいもそうですが、羊羹の詰め合わせです。羊羹も色んな種類がありますが、特に芋羊羹が美味しいから好きですね。

また、自分が誰かにあげた事があるお歳暮用のギフトの品は、カルピスの各種セットや小さ目のタオルかあるいは大きめのタオルのセットの詰め合わせなどです。

カルピスは形が残らないものだけど、飲むととても美味しい物だから長持ちして重宝するから喜ばれるし、タオルセットは、サイズが小さめなら台所のふき作業や調理の時熱い鍋を持つ時、汗拭きにも最適だし、大きいタオルはバスタオルや夏の季節にプールに行く時準備して持って行くのに最適です。

家族みんなで食べられる好評のお歳暮

お歳暮 海苔

お馴染みのおにぎりに巻くような味付きの海苔1種類にと、ふりかけ5種類入った詰め合わせをお歳暮で頂きました。

全体的に、見かけも味も大人向けなものでしたが、濃い味のものは両を減らすことで子供も食べれますし、朝御飯、お弁当などで我が家では大活躍しました。当時、上の子供が4、5才の頃でした。食べ盛りの男の子が二人、ふりかけがあることでいつもの倍、ご飯を食べていました。

それ以前のお歳暮はもちろんお中元も毎回ビールでしたので、パパにとっては嬉しかったと思いますが、子供には楽しみなものではないですよね。ですので、子供はもちろん家族みんなで食べれるという点と味も美味しかったので、とても嬉しかったことを後日伝えました。

すると、それ以降からは家族で食べれるもの、子供たちも喜ぶものを送ってくださるようになり、子供も「あれ美味しかったねか、また贈ってね」と自分達で上手にお願いしてくれるようになりました。

なかなか大人同士で本音は言いにくいものですよね。近い関係であれば、カタチ上の風習だけではなく、一歩踏み込んだお付き合いができるといいなと感じます。

お菓子のお歳暮に大喜び!子どもの頃の思い出

お歳暮 チョコ

お歳暮の思い出というと、子どもの頃のことです。父の付き合いの関係で、結構な件数のお歳暮が届けられていました。昔は直接持参される方も多かったのですが、配達も頻繁にありました。

冬場に玄関の呼び鈴が鳴ると、急いで見に行ったものです。「お届け物です。ハンコください」と言われると嬉しかったものです。子どもだけで留守番しいるときは、早く親が帰ってこないかとソワソワして待っていました。

いくつもの箱が開けられていき、そのたびに「お酒かー」「石鹸?」と子どもとしてはがっかりし、お菓子の詰め合わせだと大喜びしたものです。

今は洋菓子や少し高級なチョコレートを子どもが買うこともできますが、当時はデパートなどにしか売っていないし、お小遣いではとても買えませんでした。

親はほとんど食べないので、子どもたちで毎日『メリー』や『モロゾフ』などのきれいな箱から迷いながらいくつか選んでいました。

『泉屋』のクッキー詰め合わせも大好きでした。よそのクッキーに比べて大ぶりで、素朴な感じさえしました。輪っかになっていてミックスゼリーがきらりと光るクッキーが私の記憶の『泉屋のクッキー』です。

今ではどれもお歳暮でもらうことはなくなりましたが、時々自分でも購入します。もちろん自宅用の小さなパックです。

旅行先の名産品をお歳暮に

お歳暮 旅行

お歳暮の季節に海苔とかハムのご贈答セットをもらった時すごくうれしかったです正確に言えば母がもらったんですが、海苔とかハムはとても美味しいので嬉しかったという事です。

海苔は、そのまま食べても美味しいしあったかいご飯の上に乗せて食べても美味しくてとても重宝するから、そういう面でも自分にとって、常にもらうととても嬉しい物リストに入っています。

ハムもそのまま食べても焼いて食べても、両方とても美味しいので大好物なのでもらうととても嬉しいですね。

その他にもらったんではなくて自分の方から贈ったギフトについてですが、お歳暮だったかどうか正確には覚えていませんが、お友達の男の赤ちゃんにおもちゃとか、洋服を送った事がありました。

他には、何処か旅行に行った時にかったおまんじゅうセットとか佃煮、お漬物とかそんなものを誰だったかちょっと正確には思い出せませんがその時々にお付き合いのあった友人や知人によく送っていたと思いました。