いろいろ活用できる便利なお歳暮

お歳暮 クッキー

昔、誰かにお歳暮で送った記憶がある品の中に、クッキーの詰め合わせや御蕎麦のセットなどがあります。

クッキーの詰め合わせの中身は色んな種類のクッキーが詰まっていてとても美味しそうな内容でした。御蕎麦のセットもお湯で煮たてるだけですぐ食べれる乾麺がギッシリと詰まっていてとても美味しそうな中身でした。

その時のお歳暮は一人ではなくて何人か、複数人数に送ったような気がしました。内容がありふれているけど、とても美味しそうで、人気商品なので多分受け取った人達は絶対に喜んでくれたろうなと思いました。

その他にお歳暮でもらったものの場合は、ハンカチとかスカーフ、下着類などもらったことがありました。単品ではなくて複数枚か個数、同じか似たような商品が箱に詰まっている形だったと思います。

特にハンカチやスカーフは、とってもお洒落でセンスがある上に、外出する時に便利だから良いなと思いました。また、もらったお歳暮のギフトの中からいらないものをそのまま他の人にお歳暮として送ったこともありました。

だからお歳暮と言うものは色々と活用できて本当に便利だと思います。

もらって超嬉しかったお歳暮

お歳暮 まくら

お歳暮でもらって嬉しかった商品は、パジャマセットとか、枕、カーテンなどでした。中でも特に枕は前から欲しかったデザインとよく似ていたので超嬉しかったです。

パジャマの時も、寝る時の着替えの足しになったので大変嬉しかったです。その逆に自分の方から誰か他の人にお歳暮を贈った時の商品の中身は、洗剤とか黒毛和牛とかお酒、ずわい蟹などです。

上記のお歳暮の品々は、楽天市場やAmazonの中のお歳暮のコーナーで色々見てそこから選んで送りました。お歳暮の品を送った後は、お礼の電話やはがきが来たこともあり、その時はとても感激しました。

送りがいがあったなと我ながら思いました。そう言えば、レトルトカレーの詰め合わせを贈ったこともありました。確かその時もすごく送った相手から喜ばれた記憶があります。

今後もお歳暮の季節は、奮発してネットショップや外の百貨店などで素敵で役立つ良品を見つけ出して必ず周囲の知人やお世話になった人に贈って行きたいなと思っています。

毎年楽しみなカタログギフト

お歳暮 カタログギフト

我が家も毎年お歳暮をいただきますが、特に楽しみにしているものがあります。カタログの中から好みの物を選んで送ってもらうものです。

数十種類の食品から選ぶようになっています。そのお歳暮カタログをいただいたら、じっくりと見て候補を挙げ、子どもたちとも相談をします。毎回悩みながら選んでいます。

これまでに選んで送ってもらったものには、ブランド牛、米、うな重セット、洋菓子詰め合わせ、ジェラート、生ソーセージなどがあります。お菓子やジェラートは、届いたら子どもがすぐにほしいものを選んで名前を書いていました。

うな重セットは、真空パックされたうなぎのかば焼きと特製タレを自宅で温めていただきます。何度か頼みましたが、子どもも食べ盛りになり、ちょっと量的に家族全員ではもの足りなくなったので、今はソーセージにしています。

この生ソーセージはノーマル、ハーブ、チョリソー(辛い)がセットになり、冷凍状態で届きます。解凍してまず茹でてからしっかり焼き目を付けていただきますが、これも子どもたちの大好物です。

ここしばらくは同じものを頼んでいますが、カタログには全部目を通し、楽しませてもらっています。

日持ちもする大人から子供まで人気のスイーツ

お歳暮 オンライン注文

仙台のお土産で人気の喜久福の和スイーツ。手土産で差し上げたご家族にとても喜んでいただけたため、お歳暮にも注文してみました。

オンラインで注文できるため、簡単にお取り寄せができますし、お歳暮をはじめとするギフトの時期には贈り物用の詰め合わせも用意しているようです。

冷凍で届く喜久福のセットは、食べる時に解凍するため日持ちもしますし、大人だけでなくお子様にも好評なようです。季節限定で、今の時期ならキャラメルや生チョコ、エスプレッソなど濃厚な味が発売されています。

また、元々はお茶屋さんのスイーツなどで、お茶とセットで注文することも可能です。定番の喜久福はもちろん仙台名物のずんだ餅などとお茶を一緒に送ることができます。送り先のご家族に合わせて選べるのもポイントです。

数ある仙台の名物でもこれは特にお勧めです。半解凍でいただくというちょっと変わった仙台のひんやりスイーツ、冬にもおいしいのでお歳暮に是非いかがでしょうか?

お歳暮選びはもらう側が嬉しい物を!

お歳暮 ビール

結婚して初めてお歳暮を贈るという事を経験しましたが、最初は何を贈ったらいいのか大変悩みました。

お歳暮を贈っても食べなかったり、飲まなかったり、使わなかったりしたら貰っても嬉しくないので、相手が何を望んでいるかを考えて決める事にしました。

そこで、お互いの実家では毎年お正月の来客があるので、その時に出せる物がいいのではないかと考えました。

ハムやウィンナーの加工品にしようかと思いましたが、ハムが嫌いな人がいるので、無難にビールのギフトセットを贈る事にしました。

やはり両親からは、ビールは必ず購入しなければならなかったので、購入しなくてよくなったから良かったとの事でした。

結婚して数年ですが、毎年ビールしか贈った事しかありません。お歳暮を贈る側も何も悩まなくてもいいし、貰う側も有難く受けとって貰えるので嬉しいです。

お歳暮は贈る側の都合ではなく、貰う側の気持ちをよく考えて、貰って本当に嬉しい物を贈った方がいいと思います。

1度も会ったことがない方とのお歳暮の贈りあい

お歳暮 感謝

私にはたまたま沖縄県、那覇市に出かけた際に知り合いになった方。一度も行ったことのない石垣島から毎年パイナップルを送ってくれる親くらいの年頃の方がいます。

一度も会うことなく、10年以上のパイナップルのお歳暮には毎年笑顔が溢れます。都内で暮らす私も、せっかくだからと地元、新潟県の特産品を毎年、品を変えて贈っているのですが、相手のことを思いながら品物を選んでいる時は本当に幸せな気持ちになりますよね。

そんな御贈答だけのやりとりが10年ほど続いただけの関係でしたが、去年、なんと、再会することができました。あの、甘くて、果樹たっぷり、一口食べるだけで笑顔にしてくれる美味しいパイナップルのように、明るくて、人を笑顔にする、そんなお母さんでした。

物のやりとりだけの関係でしたが、気持ちは伝わる、現れるものなんだな、と。あの10年前に、出会うことができた縁に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

地方出身者の私は、都会で人にもまれて、ついつい忘れてしまいがちになることも、そんなホッとする気持ちのやりとり、人付き合いに疲れてしまう日常に温かなぬくもりをもらっています。

忙しく過ごしていると、ついつい面倒だと思いがちですが、こういう気持ちのやりとりがあるのはとても幸せなことだと、感謝しています。

会社関係の人にコーヒーと小袋のお菓子が好評

お歳暮 珈琲

お世話になった方へお歳暮を贈りました。会社関係の人だったので何が良いのか悩みましたが、その中で喜ばれたのは意外にも「珈琲と小さい袋に入っているお菓子」でした。

理由としましては「珈琲は毎日のように飲むのでいくらあっても困らない。」という事と「小さい袋に入っているお菓子はお客さんが来た時にお茶菓子として出せるので良い。」という理由でした。

この時のお歳暮はただの珈琲とお菓子ではつまらないと思い少し思いきって高級な珈琲とお菓子をお歳暮として渡したのも良かったのかもしれません。

ただし人にもよるのかもしれませんが、「同じお菓子でも大きい袋入りのお菓子等はあまり嬉しくなかったので小さい袋入りのお菓子で良かった。」と後で言われた事がありました。

その理由としましては「大きい袋入りのお菓子は開封後はすぐに全部食べてしまわないと湿気ってしまうので勿体ない。」と言われた事がありました。

また、「小さい袋入りのお菓子は食べなくても持ち帰って食べる事が出来るので良い。」と言われました。