27年ぶりに再開した父に初めて贈った帽子

私が5歳の頃両親が離婚し、私は母に引き取られ、父とは生き別れました。それから27年ぶりに再会してすぐに、父の日がやってきました。

父に再会するまでは母から父の事を悪い人と聞いていたため、父に対しては当然悪いイメージしかなく、私には父の日とは無縁だと思っていました。

再会して父が良い人だと分かってから、父を慕い、父の日には必ず何かプレゼントするぞ、と思ってました。

でも、父の好みすら分からない私は、何をあげたら良いかとても悩みました。友人や会社の上司にも相談しました。

上司は、父親というものは子供からもらうものなら何でも嬉しいものだから、自分があげたいものをあげれば良いのでは?と言ってくださいました。

その言葉を聞き紳士服店に行き、ふと目についたのが帽子でした。父に似合いそうな帽子を自分なりに選び、渡しに行く時はドキドキしましたが、父は涙を流して喜んでくれました。そして、泣きながら帽子をかぶってくれました。

再会して10年経ち、毎年父の日に何かプレゼントをあげてますが、あんなに悩みドキドキしたのはあの時だけです。父は今も私のプレゼントした帽子を使ってくれています。

スポンサードリンク

関連するグッズはこちらです